あーもう。「仕事が遅い人」の特徴4つ

あーもう。「仕事が遅い人」の特徴4つ

あーもう。「仕事が遅い人」の特徴4つ

仕事を頼むと、なぜかいつも納期ギリギリ、もしくは遅れる人っていますよね?

ただ、仕事が遅いこと自体は「丁寧に作業している」というケースもあるので、一概に悪いと言えないところもあります。でも、根本の原因を探って、できれば早く終わるに越したことはありません。

では、仕事が遅い人には一体どのような特徴があるのでしょうか? その原因を探っていきましょう。

あなたは強い人? ハングリー精神診断

■(1)マイペース

マイペースな人は、納期よりも自分のペースを優先してしまいます。

こういう人に限って言えば、納期についてとやかく言っても、焦ることはありません。納期が迫っているような案件であれば、なるべくマイペースな人には頼まない方がいいのかもしれません。

仕事の出来は良くても納期が守れないのであればあまり意味がないですよね……。

■(2)喋り方や動作が遅い

普段から動作や喋り方がゆったりな人は、動きそのものが遅いため、どうしてもゆっくりになってしまいがち。このようなタイプに「急いで!」と言っても、なかなか伝わらないところがあります。

ただ、動作がゆったりな人は丁寧だったりするので、チェックが必要で納期に余裕のある仕事を任せるとうまく力を発揮してくれますよ!

■(3)チェックを何度もする

書類のチェックを何度もしないと気が済まない人は、何度も繰り返し確認する時間が必要なため、どうしても仕事に遅れがでてしまうケースがあります。

ただ、この場合に関しても丁寧な仕事をする人が多いので、ミスは極力少ないと言えます。どうしてもミス出来ない仕事は向いていることでしょう。

■(4)仕事がそもそも好きじゃない

仕事がそもそも好きじゃない人の場合、仕事に取り掛かるまでに時間がかかってしまうケースが多いです。

この場合は、今の仕事ではなく自分が好きな仕事を探して転職してみると、才能が開花するかもしれません。

ただし、ただの面倒くさがり屋で仕事が好きじゃない場合は、要注意! 意識を変えることから始めないといけません。

■「丁寧」と「遅い」は紙一重

仕事が遅い人は、マイペース、動作が普段からゆっくりな人もいれば、そもそも今の仕事が好きじゃなくてやる気がないというケースも。

マイペースな人は規則的な仕事より、フリーランスなど自由な仕事の方が向いているかもしれません。動作がゆっくり、丁寧な人の場合は、チェックが必要、ミスが許されないような仕事に就いた方が能力を重宝されるでしょう。このように、仕事が遅くなりがちな人は、自分の性格に合った仕事を選ぶのも◎。

仕事が遅いのと丁寧は紙一重。どんな仕事が自分に合うのか、考えてみるのもいいですね。

(みくまゆたん)

※画像はイメージです

■関連する診断をチェック!

無理してない? 頑張り屋度診断

月曜日が怖い。あなたのサザエさん症候群度診断

周りからどう思われてる? めんどうな人度診断

関連記事(外部サイト)