ダメダメっー! 真似してはいけない先輩社員の特徴4つ

ダメダメっー! 真似してはいけない先輩社員の特徴4つ

ダメダメっー! 真似してはいけない先輩社員の特徴4つ

部下に慕われていない先輩、もしくは職場で悪態ついている先輩を見ると、「あんな風になってはいけないな」と思ってしまうもの。

では、真似してはいけない先輩社員には、具体的にどのような特徴があるのでしょうか? 今回は、反面教師にしたい先輩社員の特徴について紹介します。

あなたは強い人? ハングリー精神診断

■(1)人によって態度を変える

人の好き嫌いが激しく、お気に入りの後輩には優しいのに、嫌いな後輩には冷たい人っていますよね。

しかし、仕事は個人の感情や私情を挟むと途端にうまく回らなくなります。

好き嫌いは誰にだってあるでしょう。心の中全てがフラットという人の方がめずらしいかもしれません。とはいえ、建前だけでもフラットでいましょう。自身の感情で誰かを傷付けたり、仕事をかき乱すのはNGです。

■(2)仕事を教えない

面倒見の悪い先輩は、部下に仕事を教えません。

その理由は、面倒だから。

自分で考えてもらって成長を促す教育の方法もあるでしょう。しかし、全体概要や大枠のやり方を教えてもらわなければ後輩は考えることすらできません。

 

組織を属人化させない、後輩を育ていく余裕がある先輩は素敵ですよね。

■(3)後輩と一緒に仕事をサボろうとする

怠け癖のある人のなかには、後輩と一緒に仕事をサボろうとするタイプも。一見慕われるタイプではありますが、実は後輩のことを考えているとはいえない行動です。

サボり方を後輩に教えてしまうと、どんどんその職場は仕事が進まなくなってしまいます。

息抜きとサボることは違います。その伝え方をはき違えないよう、メリハリのある仕事ができるといいですね。

■(4)余計なおせっかい

先輩から「その服のセンス良くないと思うから、もうちょっと変えてみたら?」や「恋人作った方がいいよ」など、余計なお節介を受けてモヤモヤした人は少なくありません。

プライベートや個人の趣向に対してフィードバックを出すのはあまり好ましいことではないでしょう。

 

仕事に対することとプライベートに対すること、切り分けて指導するよう注意してみて。“先輩だから何でも言っていい”ということにはなりません。

■後輩に対するリスペクトを持とう

慕われる先輩は、後輩に対するリスペクトがあります。

先輩風を吹かしたり、偉そうだったり……。その上悪い習慣は後輩に吹き込んでいく。それは相手に対する尊敬がないからこそ生まれる言動かもしれません。

ちょっと意識して、どうせなら好かれる素敵な先輩でいたいですね。

(みくまゆたん)

※画像はイメージです

■関連する診断をチェック!

無理してない? 頑張り屋度診断

月曜日が怖い。あなたのサザエさん症候群度診断

周りからどう思われてる? めんどうな人度診断

 

 

関連記事(外部サイト)