残念すぎる。「口先だけな人」の特徴4つ

残念すぎる。「口先だけな人」の特徴4つ

残念すぎる。「口先だけな人」の特徴4つ

発言に行動が伴わない人っていますよね。そんなタイプと仕事やプライベートで関わることになると大変。言葉を信じ切っていると、真逆の行動で裏切られてしまう、なんてこともあるのです。

また、自身が周囲から「あの人は口先だけ」なんて噂されていても悲しいですよね。

そこで今回は、「口先だけの人」の特徴を考えていきましょう。

周りからどう思われてる? めんどうな人度診断

■(1)「○○したい」が口癖

そもそも本当に有言実行していく人は、「○○したい」と言う前に行動しています。「いつか○○してみたいと思っている」など、やってみたいことばかり話している人は、口先だけで終わる可能性があります。

こんなタイプが上司だったりするとちょっと厄介。「○○したい」という言葉に合わせて準備していたのに、蓋を開けたら何も進んでいなかった、なんことも……。

■(2)言い訳や愚痴、文句が多い

普段から言い訳、愚痴、文句が多い人は、壁にぶち当たるとあれこれ難癖をつけて逃げようとしがち。嫌なことがあった時は、言い訳や文句を言えば逃げられると考えているのかもしれません。文句でごまかして行動に移そうとはしません。

そんな時は、1つやりきるまで文句や言い訳は禁止など律するルールを設けると良さそう。その愚痴に付き合っている方も大変な思いをします。

■(3)「すごい人」と仲が良いと自慢しがち

すごい人や有名人と仲が良い、もしくはやり取りしているなどと自慢しがちな人っていますよね?

このようなタイプは、自分を高めたいと思う反面、努力が苦手。能力が高い人の近くにいることで、自分自身が何かを成し遂げたような勘違いの優越感に浸っているのです。

その人自身が未来のためにどんな行動をしているか、よく見極めましょう。

■(4)話を大げさに盛るのが好き

話を大げさに盛る人は、自分を能力以上に良く見せたいと思っている傾向があります。

そのため、つい大きな口をたたいてしまいがち。いつも話が大げさでオーバーリアクションなので、最初のうちは興味を持たれるものの、やがて信頼されなくなってしまいます。

自分の武勇伝はいかようにも盛って話すことができますが、そこに内実が伴っていなければ意味がありません。

■言葉を行動に移そう

口先だけの人は、話が大げさ、自分よりランクが上の人との付き合いを自慢しがち、また言い訳が多いといった傾向があります。どれも、自分を能力以上に見せようと無理をしているために生まれる言動です。

しかし、無理をしても口先だけで終わってしまい、結果的に誰からも信頼されなくなってしまうことも……。

自身も口先だけの人にならないよう、言葉を行動に移す努力をできるといいですね。

(みくまゆたん)

※画像はイメージです

 

■関連する診断をチェック!

無理してない? 頑張り屋度診断

月曜日が怖い。あなたのサザエさん症候群度診断

あなたは強い人? ハングリー精神診断

関連記事(外部サイト)