Keyword.08「チョコレート」

Keyword.08「チョコレート」

Keyword.08「チョコレート」

はじめに

「義理チョコの真実」

みなさん、今年のバレンタインはどのように過ごしましたか?

思春期の頃は最高で最大のイベントと言って良いほどまでに、胸が高鳴り過ごした日。それが「バレンタイン」。

誰からもらえるかな? とか、体育館の裏に呼び出されて……とか妄想しては、悶えていたあの頃。

「義理チョコだから! 別に本命じゃないから! 勘違いしないでね!」という言葉を吐き捨ててほしかった。

というかいつバレンタインはできたんだ? 不思議に思った僕は起源について調べてみた。

おっと、さすがに難しくて理解できなかったが、これだけは言える。「男女の愛について」だということ。

ということは

「チョコ欲しい、チョコ欲しい」

これは愛を強制しているのと同じだ……。

そんな物は自分が愛した人からもらえばいい。

十分すぎる幸福、加速していく感情。

それはそれは気分が良いに決まってる。

無情にもその言葉は、響き渡り空間に反響するだけ。

さぁ、声を大にして言おう。

僕は義理チョコでも良いんだ!!!

おわりに

戯言ばかりすみません。チョコレート、渡せましたか?

(文:木津つばさ、撮影:Yuto Fukada)

関連記事(外部サイト)