【難読】なんと読む? 「涎」の正しい読み方

【難読】なんと読む? 「涎」の正しい読み方

【難読】なんと読む? 「涎」の正しい読み方

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「涎」の読み方です。

延長の「延」という字にさんずいが付いているけれど、なんと読むのかな? そう思ったら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「涎」の読み方は?

「延」という字にさんずいなので、水に関係している意味だと想像できますが、読み方、意味が想像できない、なんて人も多いのではないでしょうか。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“よだれ”と読みます。

■「涎」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「涎」の意味は以下のように解説されています。

よ‐だれ【×涎】

口から無意識に流れ出る唾液?(だえき)?。

寝ているときに、つい垂れてしまったりするよだれのことですね。

よだれという言葉自体は、口から余った唾液が垂れることから「余」と「垂れ」でよだれとなったそうです。

漢字で書くと「涎」となるんですね。確かに水分が延びる、という雰囲気が伝わります。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「涎」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。聞き慣れた言葉でも、漢字のイメージが湧かないものも案外多いですよね。

馴染みがある言葉も、改めて調べてみましょう。今まで知らなかった漢字を知れるいい機会かもしれません!

(ななしまもえ)

関連記事(外部サイト)