まじヤバそう……。足がくさそうな人の特徴5つ

まじヤバそう……。足がくさそうな人の特徴5つ

まじヤバそう……。足がくさそうな人の特徴5つ

足のニオイは清潔感を求める女性にとってゆゆしき問題です。実際にニオイを嗅がなくても、足がくさそうな人には一定の距離感を置いてしまう人もいるのでは? 今回は、女性が思う「足がくさそう」と感じてしまう人の特徴を、いろいろと挙げてもらいました。

<足がくさそうな人の特徴5つ>

■裸足で靴をはく

・「靴下をはかないで靴をはく人」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「生足でパンプス。蒸れていると思う」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

裸足で靴をはくことにこだわりを持っている人も多いようですが、それは靴が足の汗を直接吸収していることになります。靴下をはいている人よりもくさそうに見えても仕方ないでしょう。

■靴に変化がない

・「いつも同じ靴をはいている。イメージ的にはき古した靴をはいていそうだから」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「同じパンプスをはき続けている人。靴がくさくなっていそうだから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

靴のローテーションがない人は、足がくさいというよりも、靴がくさそうだと感じるようです。くさい靴をはけば、当然足にもその雑菌やニオイが移り、異臭を放つことが予想されますね。

■ブーツ

・「ブーツをはいてる人や、靴下をはかないで靴をはく人」(23歳/その他/その他)

・「ブーツを暑い季節もはく」(24歳/その他/事務系専門職)

ブーツは蒸れやすいので、ニオイがこもっているのではという印象を抱いてしまう人も。特に夏場のブーツはリスクが高いかもしれません。

■普通にスーツを着ているだけでも……

・「革靴を長時間はいているおじさん。オヤジ臭がキツそうだから」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「毎日ストッキングをはいている人。実体験として、ストッキングをはいていると、指先がニオうから」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

社会人にとってはあたりまえのスタイルですが、それさえも「足がくさそう」と思われてしまうようです。見た目の問題ではなく、実体験からの話なので、よりリアリティがありますね。

■見るからに清潔感がない

・「汗くさくて、お風呂が嫌いそうに見える人」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「顔が脂ぎっている人です。足からも何か出ていそうです」(32歳/ソフトウェア/事務系専門職)

体質や生活習慣から、足がくさそうだと思われてしまう場合も。もともとの体臭は仕方なくても、毎日お風呂に入り、清潔な体を保つ努力は怠ってはいけませんね。

<まとめ>

実際にはくさくなくても、このような特徴があることで「足がくさい人」認定されるのは心外ですよね。ですが、人が持つイメージや印象をコントロールすることはできません。周囲を不快にさせないためにも、ニオイケアはもちろんのこと、清潔感のある身だしなみを心がけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日〜2016年9月7日
調査人数:114人(22〜34歳の働く女性)

関連記事(外部サイト)