青臭くないっ! “野菜嫌いでも”食べやすい野菜料理・5選

青臭くないっ! “野菜嫌いでも”食べやすい野菜料理・5選

青臭くないっ! “野菜嫌いでも”食べやすい野菜料理・5選

ヘルシーなイメージが強い野菜ですが、独特の渋みや苦みがあるものも多く、野菜嫌いを自覚している人も多いのではないでしょうか。ですが調理法によっては苦手な野菜をおいしく食べることもできるはず。働く女性が考える、野菜嫌いでも食べやすい野菜料理を見てみましょう。

<野菜嫌いでも食べやすい野菜料理>

■野菜をやわらかく煮込んだスープ

・「ポトフ。野菜がやわらかくなるまで煮込むから、歯ごたえもなく、野菜の味もスープになって薄まるから食べやすい」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「鍋料理。スープ感覚で食べられるから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

生野菜が苦手なら、出汁と一緒に煮込むスープがオススメ。ポイントは野菜がやわらかくなるまでじっくり煮込むこと。慣れないうちは少し濃い目の味つけにすると食べやすいかもしれません。

■スパイスで食欲増進のカレー

・「カレー。カレーの味が強いので野菜の味をかき消してくれそうだから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「カレー。スパイスの味で野菜の苦みや青臭さを感じにくいから」(31歳/その他/その他)

野菜は苦手だけれどカレーは好きという人も多いはず。ルーには野菜のエキスもたっぷり含まれているのですが、絶妙にブレンドされたスパイスのおかげで、野菜のうまみが強く引き出されています。

■細切れにして一気に取り入れられるスムージー

・「スムージーにするとすごく飲みやすくなります」(32歳/その他/その他)

・「スムージー。果物と混ぜれば野菜のくさみが消えるので」(33歳/医薬品・化粧品/その他)

デザート感覚で飲める「スムージー」。シンプルで作りやすいのも魅力ですし、味付けなどを工夫すれば、とても摂取しやすくなりそうですね。

■濃厚なスープと一緒にかきこめるラーメン

・「ラーメン。具としてたくさん入れられるから」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ラーメン。野菜が多く煮込まれていて食べやすい」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

今や日本の国民食とも言われるラーメン。多くのラーメンにはもやしなどの野菜がたっぷり乗っています。濃厚なスープの旨味が強いので、知らず知らずのうちに胃袋に収められるかも!?

■お気に入りの味が選べる! ドレッシングをつけたサラダ

・「ポテトサラダ。マヨネーズ味で食べやすいから」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「サラダはドレッシングでごまかせば食べやすそう」(34歳/建設・土木/その他)

野菜嫌いの人がもっとも敬遠しそうなサラダも、好きなドレッシングと一緒なら食べられるかも。新鮮でえぐみの少ない野菜を選べば、野菜本来のみずみずしさをおいしいと感じるかもしれません。

<まとめ>

野菜は、ビタミンやミネラルなどほかの食物からはなかなか接種できない栄養素も多く含まれている上、低カロリーなので、ダイエットにも欠かせない食物です。野菜嫌いであればなおさら、新鮮で旬の野菜を選ぶこともポイントのひとつ。クセがない野菜からスタートして、健康的な食生活を送りたいものですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日〜2016年9月7日
調査人数:114人(22〜34歳の働く女性)

関連記事(外部サイト)