やっぱりお金!? 【男女別】仕事中にしあわせを感じる瞬間

やっぱりお金!? 【男女別】仕事中にしあわせを感じる瞬間

やっぱりお金!? 【男女別】仕事中にしあわせを感じる瞬間

社会人となれば、生活の中心が仕事になります。自分の趣味や楽しめることを仕事にできている人は少ないですが、それでも毎日こなしていれば時には大変なだけではなく喜びや幸せを感じられることも。仕事中に幸せを感じるのはどんな瞬間か、男女それぞれに聞いてみました。

〈男性の場合〉

■むずかしい仕事に対する達成感

・「難しい業務をやり遂げたとき。達成感があるから」(28歳男性/自動車関連/技術職)

・「できなかったことを達成し評価をしてもらえる」(34歳男性/電機/技術職)

むずかしい仕事に取り組むのは大変ですが、その分やり遂げたときの達成感も大きいものです。その成果をきちんと評価してもらえたらその喜びもひとしお。

■お客さまに喜んでもらうと自分もうれしい

・「お客さまからありがとうや頑張ってと言われること」(32歳男性/その他/販売職・サービス系)

・「仕事がうまくいってお客さまが笑顔のとき」(33歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

仕事をがんばった疲れや苦労も、お客さまに喜んでもらえれば報われますよね。それがまた次の仕事をがんばる糧にもなります。

■早く帰宅できるならそれだけでうれしい

・「仕事がひと段落終わって早く帰れるとき」(26歳男性/学校・教育関連/専門職)

・「早く帰れることが確定したとき」(32歳男性/団体・公益法人・官公庁/その他)

業務とは直接関係ありませんが、やはり予定よりも早く帰宅できるとなればうれしくなってしまいますよね。無理な残業をしないでいれば、その分また翌日も頑張れるというものです。

〈女性の場合〉

■お客さまからの感謝はがんばる原動力

・「顧客から、感謝の言葉(うれしい気持ち)を聞くと、がんばった甲斐があったと感じる」(31歳女性/情報・IT/販売職・サービス系)

・「アパレルの仕事をしていたときは、『いいのが見付かってよかった!』と言われると幸せを感じてました。役に立てた気がすごくする!」(27歳女性/医療・福祉/専門職)

お客さまから直接感謝の言葉やお礼を聞ける仕事についていると、そういったものが仕事をがんばるための原動力になるようです。大変な仕事ほど、報われたと感じるとその分しあわせになりますよね。

■がんばった分の報酬は大事

・「給料をもらったときに多い程、達成感もすごかった」(33歳女性/その他/その他)

・「厚かましく不謹慎な考えであるが、特別手当が付いたり、おいしいお店によることができること」(29歳女性/その他/その他)

お仕事をがんばった分がお給料や特別手当に反映されているととてもうれしいですよね。正当に評価してもらえたように感じますし、その分のお金で自分へのご褒美として外食しにいったりするという人も。

■仕事への評価も幸せにつながる

・「仕事が速いと言われたとき。安心して任せられると誉められたとき」(35歳女性/機械・精密機器/営業職)

・「早めにやるべきことが終わったとき! 天才って自画自賛できる!」(34歳女性/小売店/販売職・サービス系)

長い時間がんばることにも価値がありますが、みじかい時間で手早く済ませられればそれだけ手際がいいということでもあります。がんばった分を上司に評価してもらったり、また自分に自信を持つきっかけになったりと、それぞれにしあわせを感じられる瞬間のようです。

■まとめ

どんな仕事も大変なものですが、忙しい日々の中にはその苦労が報われる瞬間も確かにあります。忙殺されるばかりではなく、そうした瞬間にも目を向けることでストレスなくはたらくことができるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数209件(25歳〜35歳の働く女性)、200件(25〜35歳の働く男性)

関連記事(外部サイト)