圧倒的に女子が“お得”なのはコッチ! 「早食い」VS「遅食い」

圧倒的に女子が“お得”なのはコッチ! 「早食い」VS「遅食い」

圧倒的に女子が“お得”なのはコッチ! 「早食い」VS「遅食い」

あなたは一緒に食事をする人と食べるスピードがちがうことで不便を感じたことはありませんか? 「そんなに早く食べて何になるの?」「遅く食べていて時間がもったいなくない?」とつい言いたくなる気持ちもわかりますが、働く女性にはどちらがお得だと思われているのでしょうか。

Q.早食いと遅食いだったら、どちらがお得だと思いますか? 自分の気持ちに近いほうをお選びください。

早食い 24.7%

遅食い 75.3%

7割以上の女性が、遅食いのほうがお得だと感じているようです。理由をくわしく聞いてみました。

【「早食い」と回答した女性の意見】

■時間の節約になる

・「時間を有効に使える。人を待たせない」(32歳/商社・卸/その他)

・「早々に食事を終えて、次のことができるのはうらやましい」(31歳/その他/その他)

限られた時間の中で食事をしなければならない場合、早食いのほうが有利であることは否めません。時間の有効活用ができるのは早食いの人の特権かもしれませんね。

■「早い者勝ち」のときに有利

・「食べ放題で時間制限があると得だから」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「遅食いだと食べる物がなくなってしまいそうだから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

よく、兄弟が多い人には早食いの傾向があると言われますが、それは人に取られまいという競争意識が働くから。早い者勝ちの局面においては圧倒的に有利と言わざるを得ません。

【「遅食い」と回答した女性の意見】

■健康への影響を考えるなら

・「早食いだと、いっぱい食べられても、結果太ったりして医者にかかったり、医療費で損をしそうだから」(31歳/情報・IT/その他)

・「早食いは健康にも悪いし、つまらせてしまう恐れがあるから」(25歳/通信/営業職)

早食いが体に悪いことは医学的にも立証されています。健康的ではない行為をあえて行う必要はありません。おいしく健康的な食生活を送りたいですね。

■ダイエットにも効果的

・「たくさんかんで満腹中枢が刺激され食欲が抑えられるから」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「満腹になるのか早いからダイエットにつながる」(34歳/金融・証券/営業職)

早食いは脳が満腹であることを知らせる前に食べ物を口に入れてしまうため、必要以上に食べてしまうことが多いといわれています。早食いはダイエットの敵とも言えるでしょう。

■おいしさを実感できる

・「早食いだと食事を味わって食べてないから損しているように思えるから」(25歳/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

・「ゆっくり味わった方が料理を楽しめると思うから」(36歳/不動産/事務系専門職)

早食いの世界に「おいしい料理に舌鼓」という文化はありません。ある程度時間をかけて食べたほうが、より料理の味を感じることができ、食事の時間も有意義なものとなるでしょう。

■まとめ

目先の時間の使い方に重点を置くか、食事をすることの意味に重点を置くかでお得感が変わってくるようですね。ですが社会人として生活している以上、人に合わせることも大切です。必要に応じて食べるスピードを考慮しながら食事することが望ましいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳〜36歳の働く女性)

関連記事(外部サイト)