うちは経済的に余裕あるし…… よその家庭に優越感を覚える瞬間【パパの本音】

うちは経済的に余裕あるし…… よその家庭に優越感を覚える瞬間【パパの本音】

うちは経済的に余裕あるし…… よその家庭に優越感を覚える瞬間【パパの本音】

生活水準や子どものこと、特に比べるわけではないけど、ふと「うちの方がいいな」と思う瞬間ってありませんか? パパはどんな時に優越感を覚えるのでしょう? ほかの家庭と比べて、思わず優越感を覚えた瞬間のエピソードについて子どもを持つ男性に聞いてみました。

■子どもの成長はうれしいもの

・「挨拶がきちんとできる、楽しく幼稚園に通っている」(34歳/医療・福祉/その他)

・「ほかの子どもが出来ないことを簡単にやり遂げたとき」(32歳/マスコミ・広告/その他)

・「足が速かったりたくさん新しい言葉を先に覚えたとき」(30歳/学校・教育関連/専門職)

両親にとってやはり一番気になるのは子どもの成長。ほかの子どもと比べる必要はないとわかっていても、少しでも早く同じことができたり、きちんと育っていることが実感できると、思わず心の中でガッツポーズを取ってしまうことってありますよね!

■家族や兄弟、夫婦の仲の良さは自慢!

・「夫婦円満で子どもとも仲良しなところ」(33歳/その他/その他)

・「家族4人でいる時間が一番楽しく、それ以上は必要ないと思えること」(27歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「子ども達がたくさんいて、いつもにぎやか」(31歳/建設・土木/技術職)

いつも笑い声が絶えない家族の中で育った子どもは、やはり穏やかで優しい人に育つでしょう。家族が仲がいいということはそれだけでも幸せなことですよね。特に大人になってからの関係を考えると、子どもたちと一緒に過ごせる時間は本当に大切な時間です。

■「かわいいですね!」は一番の褒め言葉?

・「こどもが自分に似ていること。かわいい」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「容姿が可愛く、頭が良い。言葉を喋るのと、覚えるのが早い」(31歳/小売店/販売・サービス系)

・「写真店で子どもの写真がパンフレットに採用された時」(29歳/電機/その他)

自分の子どもが「かわいい」と言われて喜ばない親はいませんよね。特に子どもが小さい時期には、この言葉が一番の褒め言葉のように感じられます。ほかの人にそう言ってほしくて、写真を撮りまくったり、SNSに写真をアップしたり。みんな思いは同じです。

■持ち家、自家用車、外食…。経済的優越感も

・「おもちゃや車などを自由に買ってあげてしまうこと」(34歳/電機/技術職)

・「狭いアパートではなく、子育てをメインに考えた注文住宅に住んでいること」(33歳/情報・IT/技術職)

・「子どもの誕生日は盛大に祝うこと。旅行やプレゼントなど」(34歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

最も差がハッキリと出て、わかりやすいことがやはり経済的なことです。大きな持ち家に住んでいる、自家用車を持っているなどから、休日に旅行に頻繁に出掛ける、外食をする機会が多い、子どもへのプレゼントなど。経済的格差は今に始まったことではないのですが、子どもの心への影響も大きく、それを引けらかすようなことがないように祈りたいところです。

■まとめ

普段から他人の家のことを意識することがないので、優越感を抱いたことがないという人も多かったようですが、やはり子どものこととなると、つい比べてしまうというパパもいました。もちろん、心の中で思う分には、子育てが楽しくなることもあるのでいいことでしょう。でもそれをあえて口に出すとトラブルの種にもなりますので、くれぐれもお気をつけて。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数208件(25歳〜35歳の男性)

(フォルサ/佐藤ともこ)

関連記事(外部サイト)