血が漏れたっ!! 忘れられない「生理の失敗」6選

血が漏れたっ!! 忘れられない「生理の失敗」6選

血が漏れたっ!! 忘れられない「生理の失敗」6選

生理のときは経血が漏れないように、普段より気を使っている人が多いもの。とはいえ、ついやってしまった失敗が、みなさんあるようです。忘れられない生理の失敗を、女性のみなさんに語ってもらいました。

<忘れられない生理の失敗>

■白い洋服を着てしまった

・「白いスカートをはいてしまったときに、ものすごく漏れてしまった」(33歳/その他/事務系専門職)

・「白いパンツをはいていたので、シミができてしまった」(33歳/不動産/事務系専門職)

白い洋服だと、漏れたときにシミになってしまいますよね。生理中はもちろん、そろそろかなというときには避けたほうがよさそうです。

■布団を汚した

・「寝ているときにナプキンがずれて、布団が汚れた」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「寝ている間に生理が来て、シーツどころじゃなく布団まで汚してしまった」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

寝ているときは無意識になります。ナプキンがずれてしまったり、急にきたりすると、避けようがないですよね。

■椅子を汚した

・「部活中に椅子を汚してしまった。友達が気づいてくれてカバーしてくれた」(24歳/生保・損保/事務系専門職)

・「会社の椅子を汚してしまったとき」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

椅子の種類によっては、汚してしまうとどうしようもないものもあります。クッションを使用するようにすれば、クッションの交換や洗濯で対処できそうですね。

■お泊まりデートで漏れた

・「彼氏の家にお泊まりしたときに、寝ている間に生理がきて、下着だけでなく、借りたパジャマも汚してしまった」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「彼氏の家のベッドシーツに血じみをつけてしまった」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

彼氏の家だと、自分の家のようにはいかないもの。申し訳ない気持ちでいっぱいになるのではないでしょうか。

■多い日に限って交換できない

・「血の多い日に限ってトイレに行けず、ナプキンを替えられなくて血が漏れてズボンを汚してしまったことがある」(28歳/商社・卸/事務系専門職)

・「多い日にナプキンを替えられなくて染みてズボンを汚してしまったことがあること」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

ナプキンを交換できず、漏れてしまったという経験がある人は少なくないはず。多い日に限ってトイレに行くタイミングがないのは、困りますよね。

■初めての生理のとき

・「初めて血が漏れて服を汚したときのことはショックが大きかったので忘れられない。たまたま色の濃い服装だったのでほかの人にはバレずに済んだものの……」(32歳/自動車関連/技術職)

・「初めて生理が来たとき何かわからなくて下着が汚れてしまった」(34歳/情報・IT/技術職)

初めての生理だと、いつ来るかもわかりません。いくら知識があって準備していたとしても、動揺してしまうようです。

<まとめ>

生理での失敗はなかなか人に言えることもでもないですし、心にしまっている人も意外に多いのかもしれません。急に来たり、いつもよりも量が多かったりすると、なかなか対処しきれないときもあります。ただ、失敗を繰り返さないようにしましょう!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月14日〜2016年9月28日
調査人数:148人(22〜34歳の働く女性)

関連記事(外部サイト)