まさか知らない? LINEがもっと便利になる裏技4選

まさか知らない? LINEがもっと便利になる裏技4選

まさか知らない? LINEがもっと便利になる裏技4選

コミュニケーションツールとして多くの人が利用するLINE。今やメールに並び、日々の暮らしに欠かせないものとなりつつありますが、さらに快適に使いこなすためには、知っていると便利な裏技もあるようです。そんな裏技について、働く男性のみなさんが教えてくれました。

■「既読」をつけず読む方法(1)

・「機内モードで見ると既読がつかない」(29歳/自動車関連/技術職)

LINEの「既読」表示は、必ずしも便利なことばかりではありませんね。メッセージを読んでも、すぐに返信しない、またはできない場合、相手に「既読スルー」と受け止められかねません。そんなときに役立つ裏技が「機内モード」を活用する方法です。メッセージが来たら、まずメッセージ一覧を開いた状態で「機内モード」をオン。メッセージを読み終えたら、iPhoneの場合にはマルチタスク画面からLINEを削除し、最後に「機内モード」をオフにします。

■「既読」をつけず読む方法(2)

・「ポップアップした状態で読めば、既読にならない」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

もうひとつの「既読」をつけずにメッセージを読む方法は、Androidの場合、通知のポップアップ上でメッセージをスクロールしてすべて読むことができます。iPhoneでは表示は限定的ですが、「通知センター」で確認ができます。

■スタンプを簡単に作る方法

・「漫画の写メを取り、スタンプ替わり」(38歳/商社・卸/営業職)

LINEのおもしろさは、豊富なスタンプだと感じている人も多いはず。自分らしさを表現する方法でもありますね。無料・有料のスタンプを手に入れて使うのが普通ですが、自作する男性もいるようです。

■特定の相手をブロック

・「ブロックするしかない、やればうざいとこからは来ない」(28歳/その他/販売職・サービス系)

LINEには、特定の相手を指定して「ブロック」する機能があります。1対1のメッセージや通話などをシャットアウト。正規の機能のひとつですが、連絡を取りたくない相手に悩まされている男性から、重宝しているとの声がありました。

■まとめ

男性から聞いたLINEの裏技は、図らずも、男性のLINEでの悩みを垣間見せるものでした。「既読スルー」で責められたくない、嫌な相手から身を守りたい、そんな男性の声が聞こえてきます。LINEは人と人とのコミュニケーションに役立つもの。正規の機能も、知っていると便利な裏技も、合わせて上手に使っていきたいですね。

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳〜39歳の働く男性)

(フォルサ/佐上ひさ子)

 

関連記事(外部サイト)