ヤバ、漏れた!? 生理中のお風呂で「厄介」だと思うこと6選

ヤバ、漏れた!? 生理中のお風呂で「厄介」だと思うこと6選

ヤバ、漏れた!? 生理中のお風呂で「厄介」だと思うこと6選

生理がはじまると、普段の生活でもいろいろ困ることが起こるものです。中でも、お風呂の時間はいつもよりもかなり気を使う必要があるので、「厄介だな」と思ってしまいますよね。そこで今回は、女性のみなさんに生理中のお風呂で一番「厄介」だと思うことについて聞いてみました。

<生理中のお風呂で一番「やっかい」だと思うことって?>

(1)湯船に血が……

・「湯船につかっているときに経血がたくさん出ると厄介だと思う」(32歳/その他/その他)

・「お風呂の中で血が出てしまうこと。面倒です」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

基本的には水圧でお風呂に入っても経血モレはしないと言われていますが、量が多い日などは、湯船から上がるときや入る際にモレてしまうことも。そのため、湯船の中に血が……ということもあるようです。

(2)タオルが汚れる

・「お風呂上がりにタオルが汚れるのが本当に厄介です」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「バスタオルに経血がつくことだと思う」(30歳/金融・証券/経営・コンサルタント系)

生理中のお風呂は、タオルの汚れは仕方がないかもしれません。これは、湯船につからずシャワーだけでも避けられないですよね。しっかりキレイに洗ったとしても、体をふいている間に……という経験を持つ人も、少なくないのでは?

(3)つまりそう

・「どろっとした経血が出ること。シャワーで流しても流しきれないことがあるから」(34歳/その他/事務系専門職)

・「どろっとした血が流れていくのが下水につまらないか心配になること」(28歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

経血の汚れで下水が気になることもあるようですね。問題はなさそうですが、気になるのであれば、パイプ洗浄用品を使用するのもいいかもしれませんね。

(4)お風呂上りはバタバタ

・「お風呂から上がって下着をつける前に血が漏れることがあること。いつも急いでナプキンをつけるが、間に合わないときはガッカリする」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「風呂を出て服を着るまでが勝負」(28歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

すぐにナプキンをつけないと脱衣所を汚してしまう可能性もあるため、お風呂上りに急がなければいけないことを「厄介」だと感じる人も。せっかくお風呂でキレイになったのに、経血が漏れて太ももをつたう……というのは避けたいものです!

(5)汚れていないかのチェック

・「お風呂を出るときのチェック。面倒くさい」(34歳/金融・証券/営業職)

・「次に入る人が不快に思わないように、汚れていないかお風呂場をチェックすること」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

ひとり暮らしであればいいのですが、家族などの同居者がいれば、お風呂の汚れのチェックも必要ですね。汚れていれば、キレイにしておく必要があるのも、なかなか大変です。

(6)湯船につかれない

・「真冬の寒い時期に湯船につかれないことです」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「湯船につかれないこと。つかってもいいけどお湯が汚れるのでいい気がしない」(28歳/建設・土木/技術職)

本来は、湯船に入ってゆっくりと身体を温めるほうがいいのですが、お湯が汚れるのが気になるためか、湯船につかれないと嘆く人も。

<まとめ>

生理中のお風呂は経血による汚れが厄介という意見が多数。特に量の多い日は洗い場や脱衣所を汚してしまう可能性がないわけではないので、気をつけながらお風呂の時間を過ごさなければいけないのが、よりストレスに感じるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月23日〜9月30日
調査人数:114人(22歳〜34歳の働く女性)

関連記事(外部サイト)