そんな風に思ってたなんて……独身者に対する「既婚者の本音」5

そんな風に思ってたなんて……独身者に対する「既婚者の本音」5

そんな風に思ってたなんて……独身者に対する「既婚者の本音」5

独身=負け組、結婚できない=半人前など、独身者に対する世間の目は冷たいもの。結婚の有無だけで人を判断できるものではないですが、実際結婚した人は独身者に対してどう思っているのでしょうか? 既婚女性に聞いてみました。

■結婚できないのも納得?

・「結婚できたのは自分が男ウケするからだと思ってしまう」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「なにかと『だから結婚できないんだな』って欠点を見つけてしまう」(34歳/建設・土木/その他)

結婚できた私は独身者よりも優れたところがある。意地悪な気持ちがなくてもやはり独身者と自分は違うという優越感を持ってしまうことはあるようですね。ただ、こういう気持ちが態度に出ると独身者からはかなり嫌われそうなので、心の奥に秘めておいた方が良さそうです。

■可哀想

・「どんなにスペックの高い人と付き合っても、結局、ゴールインしてないじゃんと思う」(34歳/自動車関連/事務系専門職)

・「30過ぎて結婚していないと、かわいそうにって思ってしまう」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

周囲がうらやむような男性と付き合っていても、「でも、結婚はまだなのよね」と思うとうらやむ気持ちもわいてこないようです。また、結婚適齢期なのにまだ独身でいる人にはかわいそうと同情のする気持ちがわくといった声も。ただ結婚ばかりはタイミングなので、独身者にとってはいい迷惑かも。

■いつまでも一人で良いの?

・「いつまでも一人だと寂しいよ、というオーラを出してしまう」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「この先老後などどう過ごすのか気になる」(23歳/その他/その他)

・「見下してしまうことはないが、独り身で貯金もあまりしていなさそうで、保険にも入っていなかったりすると、心配になる」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

見下すというよりも、ずっと一人で将来の不安はないのかと先行きが心配になってしまうという女性もいるようです。今は、一人でいるのが楽しいかもしれないけれど、年を取ったときに一人だと不安なことの方が多いのにと思うと、パートナーがいる自分はやっぱり幸せだなと思えるのでしょうね。

■家族がいる幸せ

・「寂しいときにそばにいてくれる人がいるので独身の人を見るとそう思う」(24歳/その他/営業職)

・「自分には幸せな家庭があると見下してしまう」(27歳/その他/専門職)

・「幸せな家庭での出来事を話しているときに見下してしまう」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

独身者と話をしていて、家族の話題が出たときにいつも側にいてくれる人がいる幸せを実感するという女性も。病気のときなどに誰かが側にいて世話をしてくれること、心配してくれる人がいつも近くにいるという安心感は独身者では味わえなさそうですもんね。

■人生の安定は結婚から

・「やっぱり結婚して家庭を持つことが、安定という意味での幸せだと思うので、独身だとちょっと可哀想だなと感じてしまうことがある」(30歳/ソフトウェア/その他)

・「自分のほうが社会的に見てフィットしてる」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

・「住んでいる家。独身はワンルームが多いけど、自分は注文住宅の一軒家なので」(31歳/情報・IT/技術職)

まだまだ「結婚して一人前」という見方をする人も少なくない世間の目。自分は、世間的にも認められていて、人生も安定していると思うと独身者を見下してしまうという女性もいるようです。色々な不安を抱えて生きていく独身者は「可哀想な人」にしか思えないみたいですね。

■まとめ

独身者には独身者なりの幸せがあるだろうとは思うけれど、無意識に見下してしまう。幸せな結婚生活を送っている既婚者は、独身者に対して可哀想という気持ちがわいてくるのでしょうね。ただ、結婚以外に幸せや目的を持って人生を楽しんでいる独身者からすれば、見当はずれな優越感である場合も。既婚者、独身者の価値観というのは違うものだという意識を持っておかないとお互いに気分の悪い思いをするかもしれませんね。

(ファナティック)

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日〜9月9日
調査人数:94人(22歳〜34歳の女性)
※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)