うるっせー!! デスクで「許容できる雑談」と「許容できない雑談」のちがいとは

うるっせー!! デスクで「許容できる雑談」と「許容できない雑談」のちがいとは

うるっせー!! デスクで「許容できる雑談」と「許容できない雑談」のちがいとは

近くの席にいる仲よしの同僚や先輩と仕事の合間に雑談するのはちょっとした息抜きにもなるもの。でも、タイミングや話の内容によっては、聞いている人を不快にさせてしまうこともありそう。今回は、デスクでの雑談について「許容できるもの」と「許容できないもの」にちがいががあるのかについて女性たちに聞いてみました。

Q.デスクでの「雑談」において「許容できる雑談」と「許容できない雑談」にちがいはあると思いますか?

あると思う……83.3%
ないと思う……16.7%

8割以上の女性が許容できる雑談とそうでない雑談があると回答しているようです。では、どんな内容ならアリで、どんな内容だとナシになるのでしょうか。くわしく聞いてみました。

■短時間ならアリ

・「雑談時間が長すぎるのはナシ。仕事とのメリハリをつけられないんだなという印象」(31歳/不動産/事務系専門職)

・「1、2分程度なら許容範囲である」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

雑談ばかりで手が止まって仕事が進まないと人に迷惑をかけることもありそう。ちょっとした気分転換程度に雑談をして、スッキリしたらまた仕事を再開。きちんとメリハリがつけられれば雑談も許容範囲だと思ってもらえるようです。

■他人を非難する内容はナシ

・「他人を非難する雑談は許容できないと思う」(32歳/金融・証券/専門職)

・「人の悪口やゴシップなどは、職場では不適切だと思う」(33歳/学校・教育関連/技術職)

人の悪口は雑談でなくても聞いていて不快なもの。特にその場にいない人の悪口で盛り上がっているというのは、近くにいる人からすればいい気分にはならないですよね。どんなときも悪口は慎むというのは、人付き合いのマナーとも言えそうです。

■騒ぎすぎはNG

・「内容というよりは、その声の大きさが気になる。集中して仕事しているそばで毎日ギャーギャー騒がれるのは嫌」(32歳/生保・損保/営業職)

・「うるさい場合は仕事のミスが増えるからダメ」(30歳/小売店/専門職)

雑談をしているまわりでも仕事をしている人はいますよね。その人たちの邪魔になるほど声が大きくなってしまう雑談はNG。盛り上がって大声で笑っている姿を見て「仕事してよ」と思う人も少なくなさそう。

■プライベートな内容はナシ

・「今日の天気や最近のニュースなどは許容できるが、プライベートのことを長々と話すのは許容できない」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「他人のプライバシーを侵害するような雑談は許容できない」(30歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

プライベートな話をデスクで赤裸々に語られても困ってしまうという人も多いようです。自分自身のことだけでなく人のプライバシーに踏み込むような内容も会社の雑談としては相応しくありませんよね。

■仕事に関係があればアリ

・「仕事に関係のある雑談や、ちょっと小休憩のような感じでスタッフが笑顔になってコミュニケーションできるくらいならいいと思う」(30歳/ソフトウェア/その他)

・「仕事に関係するものであったり、関係していなくても週末や夜の予定(=忙しそうなら仕事を引き受けたりと、判断できるから)はよいと思うが、週末どこに行っただとか、趣味がどうだとかは許容できないと思う」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

仕事に関係のある話であれば、OKというのは納得です。また、仕事とは直接関係ないけれど、業務量を調整する目安となる話題であればいいという意見も寄せられました。

■雑談は基本NG

・「雑談をすること自体が、すでに許容できない」(23歳/学校・教育関連/専門職)

・「職場のデスクでは仕事中だから雑談はダメです」(23歳/その他/その他)

中には、仕事中の雑談はどんな内容であってもNGという女性もいるようですね。仕事は仕事ときっちりしたい人にとって、雑談というのは仕事の邪魔にしか思えないのかも……。

■まとめ

雑談については話すタイミングや内容などを考えればコミュニケーションの手段でもあるし、途切れがちな集中力を取り戻すリフレッシュタイムにもなると考えている人は多いようです。デスクでひと言も発することができないようだと、たしかにちょっと殺伐とした雰囲気になるかもしれませんね。もちろん、話の内容によっては聞きたくないと思うこともあったり、周囲の人が不快に感じることもあるので気をつけるようにしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月30日〜10月3日
調査人数:100人(22歳〜34歳の働く女性)

関連記事(外部サイト)