【どっちがお得?】「楽観的」or「慎重」 男性の6割以上はコッチ!

【どっちがお得?】「楽観的」or「慎重」 男性の6割以上はコッチ!

【どっちがお得?】「楽観的」or「慎重」 男性の6割以上はコッチ!

いつもおおらかで「なんとかなる」と構えている楽観的な性格と、石橋をたたきすぎるくらいたたいて進む慎重な性格。みなさんのまわりにもいますよね。では「お得」という目線で考えてみると、どちらのほうが支持を集めるのでしょうか? 社会人男性に意見を聞いてみましょう。

Q.楽観的な性格と慎重な性格、どちらがお得だと思いますか? 自分の気持ちに近いほうをお選びください。

楽観的な性格……63.6%

慎重な性格……36.4%

6割以上の男性が「楽観的な性格がお得!」と回答しています。どうしてそう思うのか、選んだ理由について詳しく教えてもらいましょう。

<「楽観的な性格」と回答した人の意見>

■健康によさそう!

・「細かいことを悩まなくて健康に良さそうだから」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「精神的に追い詰められるようなことはなさそうだから」(33歳/運輸・倉庫/その他)

多かったのは「健康によさそう」という意見。楽観的な性格だと、細かいことでクヨクヨ悩んだり、精神的な負担が少ないように思えるところが「お得」なのかもしれません。

■ストレスが少なさそう!

・「ストレスを抱えないから豊かに過ごせそう」(26歳/金融・証券/専門職)

・「何かしらのストレスに対しても、乗り越えられそうな気がするから」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

「ストレスが少なさそう」という意見もありました。ストレスは誰もが感じているものですが、楽観的な性格の場合はストレスを感じても軽々と乗り越えるイメージがありますよね。

■何事にも前向きに行けそう!

・「何に対しても前向きに行けると思うから」(31歳/自動車関連/その他)

・「失敗しても気持ちを切り替えてまた次の挑戦をしていけるから」(33歳/小売店/事務系専門職)

「前向きで気持ちの切り替えがうまそう」という意見も。何かに挑戦して失敗すると落ち込んでしまいますが、常に前向きなので気持ちを切り替え、新しいことに挑戦できそうですよね。

<「慎重な性格」と回答した人の意見>

■失敗しなさそう!

・「いざと言うときに失敗しなさそう」(34歳/その他/その他)

・「慎重なほうが何かにつけて失敗はないと思うから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

こちらで多かったのは「失敗しなさそう」という意見です。慎重な性格だと事前の準備に時間をかけるので、トラブルがあっても慌てずに物事を進められそうですね。

■ムダな回り道がなさそう!

・「慎重な性格の方が物事を着実に進めるから」(23歳/金融・証券/営業職)

・「無駄な選択肢を選ばずに、ゴールに行けるようなイメージがあるから」(34歳/学校・教育関連/専門職)

「ムダな回り道がなさそう」という意見もありました。慎重な性格の人は、物事を進めるときにゆっくりでも確実な方法を使って、ゴールまで行けそうな気がしますよね。

■楽観的だと失敗したあとが大変そう!

・「慎重だと事故は防ぐことができるから」(24歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「楽観的な場合、大きな失敗をしたときに取り返しがつかないから」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

「楽観的だと失敗したあとが大変そう」という意見も。慎重な性格だとさまざまなパターンを想像して準備ができるので、事故や大きな失敗を避けられるところが「お得」なのかも?

■まとめ

楽観的な性格と慎重な性格では、お得なのは「楽観的な性格」という回答が多い結果となりました。細かいことを気にせず、前向きな姿勢で物事に取り組めるところが支持されているようですね。楽観的なところと慎重なところをバランスよく使い分けられれば、ストレスを感じることもなさそうですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数107件(22〜40歳の働く男性)

関連記事(外部サイト)