カラーアナリストが教える! 肌色タイプ別「口紅の選び方」

カラーアナリストが教える! 肌色タイプ別「口紅の選び方」

カラーアナリストが教える! 肌色タイプ別「口紅の選び方」

唇に塗るだけで華やかな印象を与える「口紅」。さまざまな色がありますが、どの色が自分に合うのか知っていますか? 実は自分の肌色によって、似合う口紅の色はちがうのです。今回は、カラーアナリスト・美容研究家の西田美穂さんに「口紅の色の選び方&塗り方」を教えてもらいましょう。

■まずは「自分の肌の色」を知ろう!

似合う口紅の色を知るためには、まずは「自分の肌の色」を把握することからはじめましょう。人間の肌色には大きくわけて「イエローベース」と「ブルーベース」があります。どちらに当てはまる項目が多いか、セルフチェックをしてみてください。

◇「イエローベース」の特徴

・肌色がクリーム色に近い

・日焼けをすると肌が小麦色になりやすい

・手首の血管の色が緑色に見える

・ゴールドのアクセサリーがなじむ

◇「ブルーベース」の特徴

・肌色がピンク色に近い

・日焼けをすると肌が赤くなりやすい

・手首の血管の色が青色に見える

・シルバーのアクセサリーがなじむ

イエローベースは「イエベ」、ブルーベースは「ブルベ」と略されることも。自分の肌のベースカラーを知ることで、今までは選ばなかったような「似合う口紅の色」を知ることができます。

■おすすめ! ベースカラー別「似合う口紅の色」

自分の肌がどちらのベースカラーなのかを把握したら、次は「似合う口紅の色」をチェックしてみましょう。オフィス・女子会・デート、3つのシチュエーション別にご紹介します。

◇「イエローベース」の肌に似合う口紅の色

☆【オフィス】サーモンピンク

オフィス使いにおすすめなのは、サーモンピンクの口紅。肌なじみがよく、顔色もよく見える色なので、元気な印象を与えることができます。

☆【女子会】オレンジ

女子会は、トレンドカラーでおしゃれに決めたいですよね。そんなときは、鮮やかなオレンジの口紅で目立ってみましょう。

☆【デート】コーラルピンク

女の子らしくいたいデートの日は、やっぱりピンクの口紅がおすすめ。その中でも、イエローベースさんは、少しオレンジ寄りのコーラルピンクを選ぶのがポイント。

☆【NG! 相性の悪い口紅の色】青みピンク

トレンドの青みの強いピンクや赤は、実はイエローベースさんにはあまり似合わない色。顔色が悪く見えたり、浮いて見えてしまったりします。

◇「ブルーベース」の肌に似合う口紅の色

☆【オフィス】ピンクベージュ

オフィス使いの口紅は、ピンクベージュがぴったり。華美にならず、知的で落ち着いた印象を与えることができます。

☆【女子会】プラムピンク

一見難しそうな紫がかった色も、ブルーベースさんならおしゃれに決まります。くすんだトーンの口紅を選んで、トレンド感もばっちり。

☆【デート】ピンク

王道ピンクが似合うのは、ブルーベースさんの特権。シアーでツヤの出るタイプの口紅を選んで、儚げでかわいい唇を作りましょう。

☆【NG! 相性の悪い口紅の色】黄みオレンジ

黄みの強いオレンジ系は、肌色になじまず、似合いにくいです。口紅を選ぶときは、避けておきましょう。

■覚えておこう! 口紅の種類と塗るときの注意点

続いて、口紅の種類と塗るときの注意点をチェックしてみましょう。口紅の種類は、主に「シアータイプ」と「マットタイプ」があります。唇をより美しく見せるために、どんなことに気をつけて塗るべきなのでしょうか?

◇「シアータイプ」の口紅

「シアー」とは「透明感のある」という意味。唇の色みが透けて見えるくらい、ツヤ感のあるタイプです。

☆「シアータイプ」の口紅を塗るときの注意点・1

唇の色が濃い人が、唇の色となじまない色を選ぶと、縦じわが目立ってしまうことも。コンシーラーで色をおさえてから塗ると、縦じわを防ぐことができます。

☆「シアータイプ」の口紅を塗るときの注意点・2

唇の輪郭がぼやけているとだらしなく見えてしまうので、リップラインを意識して塗りましょう。リップブラシに取ってから塗るとキレイに見えます。

◇「マットタイプ」の口紅

「マットタイプ」は、あまりツヤが出ず、見たままの色が乗るタイプです。昨年よりトレンド入りし、さまざまなブランドから出ています。

☆「マットタイプ」の口紅を塗るときの注意点・1

保湿力の高いものもありますが、どちらかというと乾燥しがち。口紅下地を塗り、軽くティッシュオフしてから口紅を塗ると、乾燥防止になり持ちもよくなります。

☆「マットタイプ」の口紅を塗るときの注意点・2

発色がしっかり出やすいので、ふんわりとした服装だと合わないことも。そんなときは、指に取って唇の内側からポンポンと乗せると、じわりと色がなじんで、存在感をおさえられます。初めてマットタイプの口紅に挑戦する人にもおすすめです。

■まとめ

「自分に似合う口紅の色」を知ると、メイクの幅が広がりますよね。今までは挑戦したことのなかった色が、実は自分に似合う色だったということも。口紅の色で見た目の印象も変えることができるので、ぜひ新しい色にチャレンジしてみてくださいね。

(西田美穂)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)