【医師監修】アトピーには温泉が効く? 温泉の選び方&入浴のポイント

【医師監修】アトピーには温泉が効く? 温泉の選び方&入浴のポイント

【医師監修】アトピーには温泉が効く? 温泉の選び方&入浴のポイント

アトピーに温泉が効果的だという話はよく耳にしますよね。でも、どうして効果的なのか、理由が気になるもの。それだけでなく、どんな温泉を選べばいいのか? 注意すべきことはあるのか? など、疑問はたくさん出てくるはず。そこで今回は、アトピーで悩んでいる人に向けて、温泉の選び方や入浴のポイントを、皮膚科医の宇井千穂先生に教えてもらいました。

■アトピーに温泉が効果的な理由って?

アトピーに温泉が効果的だと言われているのは、温泉が持つ「高い保湿効果」にあると考えられます。アトピーに悩んでいる人たちに共通して言えることは、お肌が乾燥肌であるということ。つまり、肌の保湿機能が低下している状態なのです。

その「保湿機能を補う」という観点においては、温泉治療は効果的と言えます。保湿されることで、乾燥が改善されるだけでなく、アトピーの予防をすることもできるのです。しかし、温泉に入ればアトピーの症状が完全になくなるということではないので注意してください。

温泉は、保湿効果はあっても、アトピー症状のかゆみであったり、二次感染である細菌を消滅させる効能はありません。なので、炎症や皮膚感染を起こしてしまっている重度のアトピーが、温泉に入浴するだけでよくなるということは、あまり考えられないのです。

温泉が悪いわけでは決してありませんが、やはりアトピーの治療はプロの元で受けるのが一番。アトピー改善が目的で温泉に行くのなら、アトピーの治療メインとしてではなく、「治療の補助」という感覚で行くことをおすすめします。

■どんな温泉を選べばいいの?

アトピーに悩む人たちの乾燥肌を、保湿するのに効果的な温泉。しかし、どの温泉でも効果があるというわけではありません。どんな温泉を選べばいいのでしょうか?

◇温泉の正しい選び方って?

アトピーの原因や症状は人それぞれ。アトピーの方の肌はデリケートです。そのため、自分の肌にはどの泉質が効果的で、どの泉質だとアトピーが悪化してしまうかは、実際に入ってみないと判断ができません。「アトピーに効果的」とうたっている温泉でも、アトピー患者全員に効果があるわけではないのです。地道にいろんな温泉に入って、自分の肌に合ったお湯を見つけてみてくださいね。

◇選ぶときの注意点とは?

自分の肌に合わない温泉に入った場合、肌がチクチクする、かゆみが出る、発疹が出るなど、肌に異常が感じられます。このような異常が出たら、ただちにお湯から上がるようにしてください。

■入浴時のポイントは?

最後に、アトピーに悩む人が温泉に入るときのポイントを聞いてみました。

◇温泉の正しい入り方は?

アトピーの方が温泉に入るときの注意点として総じて言えるのは、体を温めすぎないようにすること。血管拡張が起こって血流がよくなると、温泉から出た時にかゆみが出てしまう可能性もあります。アトピー患者には「熱さ」が刺激になることもありますので、浸かりすぎには注意が必要です。

◇入浴後のケアって?

温泉で保湿したからと言って、入浴後の保湿ケアを怠るのもNG。アトピーの薬を処方されている人は、その薬も必ず持参して、いつも通りのスキンケアを行ってください。ちなみに保湿剤は、大まかにいうとローション、クリーム、軟膏という順に保湿力が高くなっていきます。頭皮のような毛が多い部分にはローション、デリケートゾーンにはべたつかないクリーム、手足などの乾燥がひどい部分には軟膏など、場所や程度によって使い分けるのがおすすめですよ。

■まとめ

温泉は、アトピーのベースである「乾燥」の改善や予防にはなるけれど、治療の効果は期待できないそう。あくまでも、治療のメインは医師による診察。温泉は、治療のおまけぐらいの気持ちで入るのがよさそうですね。

(監修:宇井千穂、文:石部千晶/六識)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)