目指せ女子力アップ! 専門家が教える「女子力を上げる方法」

目指せ女子力アップ! 専門家が教える「女子力を上げる方法」

目指せ女子力アップ! 専門家が教える「女子力を上げる方法」

今以上に魅力的になるために「女子力をアップさせたい!」と考える女性は多いですよね。実際に、日々女子力を上げるさまざまな努力をしている人も多いのではないでしょうか? 今回は、女性367名の意見と専門家のアドバイスから「女子力をアップさせる方法」をご紹介します。

■専門家に聞いた「女子力」の定義とは?

まずは、女子力アップコンサルタントの澤口珠子さんに「女子力の定義」を聞いてみました。

男性と女性には、男性らしさ・女性らしさの「性差」がありますね。女子力とは、合コンで男性にお料理を取り分けるなどの表面的なテクニックではありません。自分の「女性性」をきちんと受け入れている女性、そして総合的な「人間力」が高いこと。この2つを総合して「女子力」だと私は考えます。

「自分の女性性を受け入れている」とは、女性として生まれた自分自身を認め、女性としての人生を楽しみ、謳歌していることです。「総合的な人間力」とは、外見・マインド(内面)・コミュニケーションがバランスよく備わっていることです。

女性を「木」にたとえて説明すると、外見は「花」、マインドは「根っこ」、コミュニケーションは「木の幹や枝葉」です。「木」で一番大切な部分は「根っこ」、つまりマインドです。つまり、女子力を育てるためには、マインドが一番大切なのです。(澤口珠子)

この「総合的な人間力」に必要な、外見・マインド(内面)・コミュニケーション能力の育て方については、澤口珠子さんに記事後半で解説してもらいましょう。その前に、世の中の女性たちが日々試している女子力アップ方法を聞いてみました。

■女性たちがやっている「女子力アップ方法」〜外見編〜

世の女性たちは、多くの女子力アップ方法を試しています。まずは、外見の女子力をアップさせるために、女性たちが日々実践していることを聞いてみました。

◇スキンケアに力を入れる

・「朝にシートパックをしたりスキンケアをきっちりしたりして、髪も肌もキレイにする」(23歳/小売店/販売職・サービス系)

・「毎日のスキンケアを丁寧にする。なるべく早く帰って化粧を落とす」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

◇ムダ毛の処理を怠らない

・「基本的な脱毛や毛穴ケア。眉毛の形をそろえる。清潔感を大事にしている」(30歳/農林・水産/その他)

・「自分ではムラができそうなので、脱毛はサロンに通っている」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

◇マッサージをする

・「毎日筋トレをしたり、マッサージをしたりしている」(22歳/その他/その他)

・「定期的に自分メンテナンスのために、エステなどでマッサージを受ける」(34歳/生保・損保/事務系専門職)

◇髪型に変化をつける

・「化粧が得意でなく、あまり好きでもないので、髪型を女らしくするようにしている」(32歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「髪の毛に興味があるので、肩までの長さを保ち、いろいろな髪型を考えるのも女子力アップをさせる方法のひとつだと思っています」(34歳/運輸・倉庫/その他)

◇自分にあったメイクをする

・「パーソナルカラー診断をして自分に合う色を見つけたり、メイクレッスンを受けたりしている」(30歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「メイク動画を見たり、新しいコスメを調べたりして、よさそうなものを取り入れること」(25歳/自動車関連/事務系専門職)

◇服装に気を配る

・「女性らしい服装をするようにしている。見た目から女子にならないと、女子力は上がらない」(30歳/機械・精密機器/その他)

・「服装には気をつかう。ダサい女だと思われないように」(24歳/医療・福祉/その他)

◎女性意見・まとめ

第一印象はほぼ外見で決まってしまうと言っても、過言ではありません。そのため、多くの女性がいろいろな「外見の女子力アップ方法」を試しているようですね。すぐには効果が出なくても、習慣にして続けていくことで少しずつ磨かれていくはず。

■女性たちがやっている「女子力アップ方法」〜内面編〜

女子力をアップさせるためには、当然内面も磨かなければなりません。見た目だけがいい女性よりも、内面・外見ともに美しい女性のほうが魅力的ですよね。女性たちはどのようにして、内面の女子力をアップさせているのでしょうか?

◇本や新聞を読んで知見を高める

・「生活やまわりに関心を向けるために本を読んだり、話題のスポットを調べてみたりしている」(28歳/その他/販売職・サービス系)

・「毎日新聞を読んで、世の中の知らないことを探して勉強する。空いている時間に本を読む」(33歳/医療・福祉/その他)

◇料理をする

・「作ったことのない料理も、調べて挑戦するようにしている」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「最近、家事をするようになった。料理のアプリをとって、作るようになった」(24歳/医療・福祉/その他)

◇お菓子を作る

・「パン作りやお菓子作りをしている」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「お菓子作りをなるべくするようにしている。子どもにも作り方を教えている」(33歳/医療・福祉/専門職)

◇毎日笑顔を心がける

・「毎日笑顔を心がける。朝早起きして、掃除するようにしている」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「笑顔で過ごすようにする。笑顔が一番魅力的だと思うから」(23歳/その他/その他)

◇人の悪口を言わない

・「悪口を言わない。口に出して言ってしまうと、心も悪くなってしまう気がするから」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「悪口はなるべく言わないようにする。人の好意を受け入れる」(24歳/医療・福祉/事務系専門職)

◎女性意見・まとめ

内面の女子力をアップさせるために、いろいろなことに取り組んでいるようですね。外見と内面どちらにも力を入れるのは大変ですが、より素敵な女性になるためには、日々の小さな心がけが大事なのかもしれません。

■専門家が教える「今日からできる女子力アップ方法」

女子力アップ方法はいろいろありますが、一体何が効果的なのでしょうか? 女子力アップコンサルタントの澤口珠子さんが定義する“女子力”のひとつ「総合的な人間力」に必要な、外見・マインド(内面)・コミュニケーション能力、それぞれを伸ばす方法を聞いてみました。

◇「愛される外見」の育て方

「人は見た目が9割」という書籍がかつてベストセラーになったように、人の見た目はとても重要です。第一印象は約3〜6秒で決まり、心理学用語「初頭効果」では、相手が最初に受けた印象はなかなか覆らないと言われています。つまり、第一印象が好印象だと、その人に対して好印象がずっと続きますし、もしも悪印象を与えてしまうと、その悪印象はなかなか覆らず、ずっと続いてしまうのです。

さらに、男性と女性では第一印象にちがいがあります。私たち女性は、男性が10人いたら9〜10人の男性を第一印象で「恋人候補としてナシ」と判断しますよね。でも、一度「ナシ」にした男性を「アリ」にカテゴライズを変更できるのが、私たち女性なのです。出会ったときは「ナシ」だと思っていた男性が、仕事で活躍したり、アウトドアで頼りになったりする様子を見て、「あれ、こんなに素敵だった?」とドキッとした経験がある女性も多いはず。

対して男性は、女性が10人いたら、そのうちの6〜7人は「恋人候補としてアリ」です。ただし女性と決定的にちがうのが、男性は一度「ナシ」にした女性は半永遠的に「ナシ」で、「アリ」にはならないのです。第一印象で「女性らしさ」を感じてもらえるよう、最大限の努力をするようにしましょう。

人の視覚認識は、色→形→動きの順番で認識すると言われています。それに伴い、第一印象をよくする方法は3ステップあります。

・STEP1:自分を魅力的に見せてくれる色「パーソナルカラー」を知る

・STEP2:自分を魅力的に見せてくれる形「ヘアスタイル」「メイク」「アクセサリー」「ファッション」を知る

・STEP3:相手に好印象を与える動き「立ち居振る舞い」「マナー」を身につける

この3ステップで、愛される外見を目指しましょう。

◇「愛されるマインド(内面)」の育て方

記事の序盤で、「マインドは木にたとえると根っこの部分」とご説明しました。丈夫な「木」を育てるためには、根っこに「水」と栄養たっぷりな「土」が必要です。しかし、その根っこが水や栄養を吸収しなければ、水や栄養は流れて無駄になってしまいます。

これらを女性のマインドに置き換えると、「水」は情報やアドバイス、「土」は女性が身を置く環境です。女性自身が与えられた情報やアドバイスを素直に吸収して実践する、自分の環境を変えることが、愛されるマインドを育てるために必要です。

愛されるマインドの基本は「与えること」。自分から相手にお声がけする、自分から相手に自己開示する、自分から相手に歩み寄る、自分から相手を許す。すべては自分から「先出し」が基本です。

何を与えたらいいかわからない方は、とにかく笑顔を意識するようにしましょう。あなたがニコニコと笑顔でいれば、まわりの人は幸せな気持ちになります。笑顔は、あなたが与えることができる最大のギフトです。

それから、愛されるマインドとは「自分を大切に思う」ことや「自分は大切に思われる価値がある」と信じること。「自尊心」、「自分を愛する力」とも言えます。自分のことを30点だと思っていると、自分が30点だと思う男性しか引き寄せられません。自分で自分を受け入れ、認め、自分の存在は100点だと思えるようになると、自分にとって100点の男性を引き寄せることができます。

女子力をアップさせたい女性は、このような「愛されるマインド」を意識して育てることが大切です。アドバイスを素直に吸収して、実践し続けてみてください。

◇「愛されるコミュニケーション」の育て方

愛され女性は、聞き上手で褒め上手です。そして、相手が話したい内容を聞ける女性です。逆に愛されない女性は、自分の話したい内容ばかりを話す女性、そして聞きたい内容だけを聞く女性です。

人は、自分が話したい内容に興味を持って聞いてくれる人に好感を持ちます。心理学では「7対3の法則」といって、相手が7割・自分が3割話すようにすると、相手に好感を抱かれやすいと言われています。

デートの最後に男性から「今日は自分ばっかり話しちゃってごめん」と言われたら、心の中でガッツポーズしてください。男性は自分の話をあなたに聞いてもらえるのが楽しくて、ついつい話しすぎてしまったのです。今度はあなたの話が聞きたいと、次のデートのお誘いがあるはず。

それから、愛される女性はとても褒め上手です。「褒める」とは何もお世辞を言ったりご機嫌をとったりするのではなく、相手のいいところを言葉で伝えてあげること。愛される女性は加点方式で人を見るので、相手のいいところに気づきやすく、褒め上手なのです。

愛されるコミュニケーション力を育てたいなら、会話では相手が話したい内容をとことん聞いてあげること、そして相手のいいところを積極的に伝えていくようにしましょう。

■まとめ

多くの女性が女子力をアップさせるために、外見も内面も日々磨いていることがアンケート結果からわかりました。澤口珠子さんのアドバイスでは、それに加えて「コミュニケーション能力」も大事なようです。日々の小さな積み重ねを継続して、女子力をアップさせていきましょう。

(監修:澤口珠子、文:ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ

調査日時:2017年6月7日〜6月8日

調査人数:367人(22〜34歳の女性)

関連記事(外部サイト)