今すぐ消したい! 背中ニキビを治す方法

今すぐ消したい! 背中ニキビを治す方法

今すぐ消したい! 背中ニキビを治す方法

「背中ニキビをすぐ治したい!」という女性は多いですよね。背中は普段見る機会が少ない分、いざ結婚式のドレスや水着を着ようと思ったときに気づいて、焦ってしまいます。そこで、背中ニキビができる原因と治し方について、皮膚科医の宇井千穂先生に教えていただきました。

■背中ニキビの原因

まずは、背中ニキビの原因とかゆくなる理由について、教えていただきました。

◇背中ニキビができる理由

宇井:ニキビの主な原因は、ホルモンバランスの乱れ、過剰な皮脂分泌、細菌感染などです。背中は汗をかきやすく、洗い残しが発生しやすい部位でもあるため、気づかないうちにニキビができて悪化してしまうケースも多々あります。

◇背中ニキビがかゆくなるのは?

宇井:ニキビは進行度合いによって、症状が異なります。初期は炎症を伴わないニキビである「面皰(めんぽう)」と呼ばれるもので、症状が進行すると炎症を伴う「丘疹(きゅうしん)」や「膿疱(のうほう)」に変化します。丘疹は赤みなどを伴う発疹のことで、膿疱はニキビに膿みが溜まった状態のことです。このような炎症を伴うニキビの場合、かゆみが発生することがあります。

■背中ニキビを早く治す方法

気になる背中ニキビを一刻も早く治すためには、どうすればいいのでしょうか。宇井先生に聞いてみました。

◇背中ニキビを治す方法

宇井:背中のニキビが治るまでは、ニキビの状態にもよりますが、軽度のものなら1週間程度、慢性化してしまっているものは数カ月かかります。顔用のニキビ化粧品を背中に使っても問題ありませんが、もし症状が悪化してしまった場合は、皮膚科を受診してください。自宅でできるニキビケアについて、簡単にまとめてみました。

☆生活習慣の改善

規則正しい生活でホルモンバランスを整えましょう。肌を健康な状態に保つためには、食事からビタミンや食物繊維をしっかり摂取することが重要です。ただし、毎日同じ物を食べ続けると栄養バランスが偏ってしまうため、さまざまな食材から摂り入れるようにしましょう。

☆しっかり洗う

背中は手が届きにくい部位なので、洗い残しがないように意識しながら、1日1回はせっけんを使って洗浄しましょう。洗うときはゴシゴシこすりすぎないように注意してください。

☆保湿する

皮膚が乾燥すると肌のバリア機能が低下し、紫外線の刺激を受けやすくなったり、皮膚に雑菌が侵入しやすくなったりします。普段からしっかり保湿を行って、バリア機能の低下を防ぎましょう。

◇背中のニキビ跡を治す方法

宇井:ニキビ跡を消すためには、皮膚に付着した垢や汚れを洗い流し、なるべく清潔な状態を保つことで、肌の正常なターンオーバーを促す必要があります。「背中ニキビを治す方法」でも解説した、生活習慣の改善や保湿ケアも大切です。頑固なニキビ跡や色素沈着の場合は、美容皮膚科クリニックで適切な処置を受けるのも一つの方法です。

■背中ニキビの予防方法

最後に、背中ニキビができないようにするために、普段から気をつけたほうがいいことについて教えていただきました。

宇井:背中ニキビを予防するためには、なるべく背中を清潔な状態に保つことが大切です。汗をかきやすい夏は、夜だけでなく朝にもシャワーを浴びるとよいでしょう。ただ、せっけんを使用して身体の洗うのは1日1回でも大丈夫です。シャワーを浴びるだけでも、皮膚に付着した垢や汚れを落とすことができます。また、皮膚の乾燥を防ぐために、入浴後は忘れずに保湿を行いましょう。

■まとめ

背中は普段意識しにくい部分であるため、気づかないうちにニキビの状態が悪化してしまうケースもあるようです。お風呂に入ったときにしっかりと汚れを洗い流し、忘れずに保湿ケアを行うことで、今あるニキビを改善し、ニキビができにくい肌を目指しましょう。

(監修:宇井千穂)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)