もう悩まない! 乾燥肌の改善方法を皮膚科医が解説

もう悩まない! 乾燥肌の改善方法を皮膚科医が解説

もう悩まない! 乾燥肌の改善方法を皮膚科医が解説

乾燥肌に悩む女性って多いですよね。寒い冬だけでなく、冷房が効いている夏場にも乾燥が気になる人もいるかもしれません。乾燥肌を改善する方法について、皮膚科医の宇井千穂先生に解説していただきました。

■乾燥肌の症状と原因

そもそも乾燥肌とはどんな状態の肌のことで、何が原因で起きてしまうのでしょうか。宇井先生に聞いてみました。

◇乾燥肌の症状

宇井:乾燥肌とは、表皮の角質層の水分保持機能が低下し、皮膚の水分が減少している状態のことです。乾燥肌を放置していると、皮膚のバリア機能が損なわれてしまう可能性があります。バリア機能とは、細菌や紫外線などのさまざまな外的要因から身体を守ってくれる機能のことで、体内の水分を外へ逃がさないようにする役割を果たしています。バリア機能が低下すると、肌が外部の刺激を受けやすくなり、赤みやかゆみなどの症状が出やすくなってしまいます。

◇乾燥肌の原因

宇井:乾燥肌の原因は、「皮脂分泌量」の低下や、角質層の細胞間脂質である「セラミド」や「天然保湿因子」の低下です。 乾燥肌は、皮膚がもともと弱くてアトピー性皮膚炎を持っている人や、1日に何度も水に触れるような人、あるいは刺激を受けやすい部位(手や足など)に起こりやすいです。

また、夏はエアコンや扇風機の風によって乾燥したり、紫外線やサンスクリーン剤の影響によって乾燥したりする場合もあります。 冬は暖房器具による空気の乾燥や、寒さによる血流の悪化で皮膚代謝が低下し、乾燥することもあるでしょう。

■乾燥肌のNG行動

乾燥肌は体質だけでなく、職業柄水に触れる機会が多い人にも起こりやすいようです。それでは、乾燥肌の女性はどんなことに気をつければいいのか、宇井先生解説していただきました。

宇井:1日の中で1番乾燥しやすいお風呂上りに、保湿をしなかったり、タオルでゴシゴシ肌をこすって刺激を与えることです。 皮膚が乾燥すると肌がかゆくなり、かくことで湿疹ができ、さらにかゆくなってかいてしまうといった悪循環を引き起こす可能性もあります。

■乾燥肌の改善方法

乾燥肌の女性は、どのようにして改善すればいいのでしょうか。外側からのケアと内側からのケアについて教えていただきました。

◇外側からのケア

☆洗顔

宇井:洗顔するときは、洗顔料をしっかり泡立てるようにしてください。きめ細かい泡を作ることで、洗浄効果を高めて優しく洗うことができます。最後はすすぎ残しがないように、ちゃんと洗い流してください。ただし、汚れが気になるからといって何度も洗ってしまうと、肌への刺激となって逆効果なので、朝晩の2回程度にとどめておくとよいでしょう。

☆スキンケア

宇井:洗顔後には、すぐに化粧水や美容液をつけてうるおいを浸透させましょう。そして、たっぷりの乳液やクリームを重ねづけして、保湿した肌の水分を逃さないようにしてください。もし、化粧品のせいで赤みが出たり、ヒリヒリ感が出たりしたら、無理せず違う化粧品に変えましょう。

☆なるべく触れない

宇井:気になる部分は無意識のうちに触りがちですが、これは肌に刺激を与えることになってしまいます。なるべく注意して、余計に触れることのないようにしましょう。

◇内側からのケア

☆規則正しい生活

宇井:健康で強い肌を作るためにも、十分な睡眠を取り、バランスのよい食事をし、過労を防ぐようにしてください。

☆ストレスをためない

宇井:ストレスを受けると、自律神経やホルモンバランスが乱れます。自律神経やホルモンバランスの乱れは肌の調整機能にも影響を与えるので、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。

■乾燥肌の予防方法

乾燥肌にならないようにするためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか。予防方法について解説していただきました。

☆保湿を意識する

宇井:肌の保水機能を補うため、保湿を意識しましょう。化粧水だけではすぐに蒸発してしまうので、乳液や美容クリームなどの重ね塗りをしてください。 保湿効果のあるファンデーションを選ぶのも効果的です。

☆刺激を与えない

宇井:皮膚の大事なバリア機能を破壊しないためには、なるべく刺激を与えないことが大切です。例えばタオルでゴシゴシこする、メイク落としの際にコットンで強くこする、気になるところを指で触るなどはしないようにしましょう。ファンデーションを塗るときも肌を叩いたりせず、なじませるようにつけてください。

☆重ね塗りする

宇井:特に乾燥が強い部分には、保湿クリームの重ね塗りをしてください。また、こまめに保湿し直すこともおすすめです。

■まとめ

乾燥肌を改善するためには、しっかり保湿をして肌に刺激を与えないようにすることが大切です。肌が乾燥してかゆくなると、ついかいてしまうこともあるかもしれませんが、かくことで皮膚が傷ついてしまうため、まずは丁寧に保湿するようにしてください。どうしても自分で対処できないときは、皮膚科を受診するようにしましょう。

(監修:宇井千穂)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)