毎日押すだけ! 小顔に近づけるツボ8選

毎日押すだけ! 小顔に近づけるツボ8選

毎日押すだけ! 小顔に近づけるツボ8選

「小顔になりたい!」というのは女性の永遠の悩みですが、小顔矯正やエステサロンに通うのはお金がかかりますよね。そこで、押すだけで小顔に近づけるツボについて、過去6万人への施術実績を持つボディバランス整体師の吉田佳代さんに教えていただきました。

■ツボって何?

そもそも「ツボ」とは何なのでしょうか。ツボの基本について解説します。

吉田:ツボとは、東洋医学では経穴(けいけつ)と言い、人体に約361個あると言われています。人は気(エネルギー)と血(体液)を循環させることで体のバランスを保っているというのが、東洋医学の考え方です。気血の流れているラインのことを経絡(けいらく)と言い、経絡が交わるところが「ツボ」です。

ツボには神経や筋肉が集中しているため、ツボを押すことで気血の流れがよくなり、経絡を通じて離れた身体の部位にもいい影響を与えると考えられています。ツボを押して不調な箇所を解消するのが「ツボ療法」と言われるものです。

■ツボを押す効果

それでは、ツボを押すことでどのような効果が得られるのでしょうか。

吉田:東洋医学では、健康な身体は「気・血・水」の要素で成り立つと考えられていて、ツボを押すことで、この3つのバランスを整えることができます。

・「気」……生命活動を維持するのに必要なエネルギー

・「血」……体の臓器や組織に栄養を与える血液とその中に含まれる栄養素

・「水」……体の細胞内外の水分

また、ツボを押して余分な水分や老廃物を排出することで、むくみやたるみを解消し、筋肉のコリがほぐれて小顔効果が期待できます。代謝が悪いと体内に老廃物が溜まって「むくみ」となり、老廃物が蓄積されると「たるみ」になります。むくみやたるみを取ることで、顔の皮膚の下に溜まった余分なものが減るため、顔が小さくなるという訳です。

◇顔ツボの主な効果

・顔のむくみ解消

・顔のたるみ解消

・顔のシワを目立たなくする

・二重あごの解消

・顔の筋肉をほぐす

・疲れ顔の解消

・目の疲れ、クマ、くすみの改善

・肌乾燥を防ぐ

■小顔効果が期待できるツボ8選

ツボを押すことで、溜まった老廃物が流れて小顔に近づけるということがわかりました。それでは、具体的にどのツボを押せばいいのか、吉田先生に解説していただきましょう。

◇太陽(たいよう)

吉田:目尻とこめかみの間。眉毛の外側と、目尻の外側の端を結ぶ線の中間から指1本後ろ側にあります。

 

☆得られる効果

・小顔

・顔のたるみ解消

・二重まぶた

・顔と目のむくみ解消

・疲れ目解消

・パッチリ目

・頭痛解消

☆ツボの押し方

左右両側のツボに人差し指の腹をあて、ゆっくりと垂直に押し、圧を加えた状態のまま1cmほど真上に引き上げてキープします。5秒押してゆっくりと緩めてください。左右同時に痛気持ちいい強さで5回〜10回繰り返し行いましょう。

◇巨りょう(こりょう)

吉田:黒目の中心から真下に降りたところと、小鼻から真横にたどった線が交わるところ。

☆得られる効果

・小顔

・頬の引き締め

・顔のたるみ解消

・ほうれい線を薄くする

☆ツボの押し方

人差し指の腹で左右同時に垂直に押し、圧を加えた状態のまま1cmほど目尻の方に向かって引き上げてキープします。5秒押してゆっくりと緩めてください。左右同時に痛気持ちいい強さで5回〜10回繰り返し行いましょう。

◇上廉泉(かみれんせん)

吉田:顎の真下の凹んだ部分です。

☆得られる効果

・小顔

・二重あごの解消

・首のたるみ解消

・首のシワを解消

☆ツボの押し方

人差し指の腹をツボにあて、押しながら顎を上げて首筋を伸ばすようにします。顎を上げて押した状態のまま5秒キープし、ゆっくりと顔を正面に戻しながら緩めてください。痛気持ちいい強さで5回〜10回繰り返し行いましょう。

◇下関(げかん)

吉田:耳の穴から頬の側に指3本分内側のところ。口を開けるときに骨が盛り上がってあたる部分です。

☆得られる効果

・小顔

・顔のむくみ解消

・顔のたるみ解消

・ほうれい線を薄くする

☆ツボの押し方

左右両側のツボに人差し指の腹をあて、ゆっくりと垂直に押します。5秒押してゆっくりと緩めてください。左右同時に痛気持ちいい強さで5回〜10回繰り返し行いましょう。

◇承漿(しょうしょう)

吉田:下唇の中央の少し下の凹みがあるところ。

☆得られる効果

・小顔

・顔のむくみ解消

・首のむくみ解消

・口まわりのたるみ解消

・口まわりのシワの解消

・口の歪み解消

☆ツボの押し方

ツボに人差し指の腹をあて、ゆっくりと垂直に押します。5秒押してゆっくりと緩めてください。痛気持ちいい強さで5回〜10回繰り返し行いましょう。

◇角孫(かくそん)

吉田:耳の上側の髪の生え際あたりの凹み部分です。

☆得られる効果

・頬の引き締め

・顔のたるみ解消

・顔のむくみ解消

☆ツボの押し方

左右両側のツボに人差し指の腹をあて、ゆっくりと垂直に押し、圧を加えた状態のまま1cmほど真上に引き上げてキープします。5秒押してゆっくりと緩めます。左右同時に痛気持ちいい強さで5回〜10回繰り返し行いましょう。

◇四白(しはく)

吉田:目の瞳の真下のくぼんでいる部分から、指1本分下です。

☆得られる効果

・顔のむくみ解消

・目の下のクマ解消

・顔のシミ解消

☆ツボの押し方

左右両側のツボに人差し指の腹をあて、ゆっくりと垂直に押します。5秒押してゆっくりと緩めてください。左右同時に痛気持ちいい強さで5回〜10回繰り返し行いましょう。

◇頬車(きょうしゃ)

吉田:下顎のエラから1cm上のくぼんだところです。

☆得られる効果

・顔のたるみ解消

・顔のむくみ解消

・顔のシワ解消

・口の歪み解消

☆ツボの押し方

左右両側のツボに人差し指の腹をあて、ゆっくりと垂直に押します。5秒押してゆっくりと緩めてください。左右同時に痛気持ちいい強さで5回〜10回繰り返し行いましょう。

■まとめ

少しでも小顔に近づくためには、顔に溜まっている老廃物を流し、固まっている筋肉をほぐすことが大切です。記事で紹介したツボを押すことで顔のむくみやたるみを解消し、みんなで小顔を目指しましょう!

(監修:吉田佳代)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)