「垢抜けたね」って言われちゃう! 今どき顔になれるメイクとは?

「垢抜けたね」って言われちゃう! 今どき顔になれるメイクとは?

「垢抜けたね」って言われちゃう! 今どき顔になれるメイクとは?

好きな人とのデートなど、気合いが入る日のメイクはついつい濃くなりがち……。なんて人も多いのでは? 実はばっちりメイクより、ちょっとだけ引き算したメイクのほうが垢抜けて見えます。そこで今回は、「引き算メイク」についてMANAMIさんに解説してもらいました。

■引き算メイクの基本

そもそも引き算メイクはどのようなメイクのことを指すのでしょうか。ここでは、引き算メイクの基本について解説します。

◇引き算メイクって?

ベースメイクから目元、頬、口元までのポイントメイクまで、すべてやりたいことをやりたいようにしていると、「がんばっている感」や「無理している感」が出ることも。引き算メイクは、フルメイクするのではなく、どこか「引き算」することで、抜け感やこなれ感を出すことができます。

◇引き算メイクをするときのポイント

☆質感を合わせる

粉っぽいマットな肌にギラギラのグロスなど、あまりにちぐはぐな質感のものを合わせると、見ているほうが違和感を覚えます。質感を変える場合は、まったく別の質感に変えるのではなく、「マット×ハーフマット」「ハーフマット×ツヤ」など、半分くらいの気持ちで調整しましょう。

☆色に統一感を持たせる

目元は青、チークはオレンジ、リップはピンクなどの合わせテクは、かなり上級者でないと難しいです。初心者さんは、チークとリップをオレンジ系、目元とリップをピンク系など、ポイントメイクのうち2つを同系色にするだけでもまとまり感が出ます。

☆トーンに気をつける

色は同じでも、ビビッドなピンクと淡いベビーピンクでは、受け取るイメージがかなりちがいます。なので、ブルーアイシャドウにチークとリップをピンクにして同じペールトーンにしましょう。トーンを合わせれば、ポイントメイクの色使いで遊ぶことができます。

☆主役のポイントメイクを決める

眉もしっかり、アイシャドウもしっかり、マスカラもしっかり、アイラインもしっかり、リップもしっかりのようなメイクは、ファッションとの相性も限られます。目元を強くするならリップはグロス、赤リップにするならブラウンシャドウにぼかし眉など、どこかを主役にするならどこかを弱くして、バランスをとりましょう。

☆すべてのラインを引きすぎない

眉アーチ、アイラインハネアゲ、リップラインシャープなど、ラインを引きすぎると、顔がうるさくなるどころか古めかしく感じることも。ラインにも強弱が必要なので、主役にするパーツ以外のラインは、少し細くしたりぼかしたりするなど、あいまいにするくらいが今っぽくなります。

■【引き算メイクのやり方】ベースメイク編

断然CCクリームやBBクリーム、薄付きの生肌っぽく見えるトーンアップ系の下地、カラーコントロール系の下地がおすすめ。塗り方は、あごかららせんを描いてざっくりづけでOKです。

■【引き算メイクのやり方】チーク編

薄付きチークや肌と同じくらいのトーンのチーク、濃淡がつけやすいクリームタイプを使ってみてください。頬骨〜口角にふわっとぼかして血色を足す程度にするとナチュラルになります。

■【引き算メイクのやり方】アイブロウ編

眉の生え方があきらかに薄いところをペンシルで描く以外は、パウダーアイブロウを使ってラインにならないようにぼかして描きましょう。眉尻短めが旬です。

■【引き算メイクのやり方】アイメイク編

◇アイシャドウ

ベージュまたは肌に合うブラウンで、陰影と立体感を出す程度にして、カラーレスな目元にしてください。特に、クリームタイプなら高度なテクニックいらずでキレイに仕上がります。

◇アイライン

アイライナーの色はブラウンなど、ブラック以外にしましょう。ぼかしタイプのアイライナーで描いたあとは、綿棒でぼかします。また、粘膜にアイラインを引かないことで抜け感が出ます。

■【引き算メイクのやり方】リップメイク編

リップは、色付きバームやグロス、シアーなタイプがおすすめ。輪郭を取らず、リップを唇の内側の粘膜に近いところから塗りはじめて、口をすりあわせてなじませましょう。濃い色でもナチュラルに仕上げることができます。

■まとめ

いかがでしたか? すべてのパーツを主張するのではなく、あえて「引き算」することで、グッと垢抜けた雰囲気になれます。ぜひMANAMIさんのアドバイスを参考に、引き算メイクを楽しんでみてくださいね。

(監修:MANAMI)

関連記事(外部サイト)