アイメイクでデカ目を演出! ナチュラルなメイク方法

アイメイクでデカ目を演出! ナチュラルなメイク方法

アイメイクでデカ目を演出! ナチュラルなメイク方法

デカ目に見せようとして、つけまつげやアイライナーなどでバッチリメイクするとデカ目には見えるものの、「メイクが濃い」という印象を与えてしまいがち。しかも最近は、ナチュラルメイクが主流なので流行遅れ感までプラスされてしまいます。そこで今回は、美容に詳しいトータルビューティサロン「アトリエはるか」の山根あゆみさんに、ナチュラルだけどデカ目に見えるメイクの方法について詳しく解説していただきました。

■やりがちなNGデカ目メイク3パターン

デカ目メイクで避けた方がよい3大NGメイクは、「濃いアイシャドウ」「まつげの過度なボリュームアップ」「囲み黒アイライン」。どれも目を大きく見せようとするとき、ついついやってしまうメイク方法ですね。

◇アイシャドウが濃すぎるメイク

<NG理由>

アイホールに濃い色を広げすぎると、逆に目が小さく見えてしまうため

濃すぎるアイシャドウは、まぶたを腫れぼったく見せてしまいスッキリしません。また、濃すぎるカラーが目の近くにあると、白目がキレイに見えないので顔の血色が悪く見えることも。グレーやカーキのようなくすみやすい色も、アイホールに広げると目が小さく見えてしまうので注意が必要です。

◇まつげの過度なボリュームアップ

<NG理由>

まつげにボリュームがあり過ぎると、アンバランスになり目が小さく見えてしまうため

ナチュラルメイクが流行している今、まつげを過度にボリュームアップしようとしてマスカラを重ね付けするのはNG。ダマになって汚く見えるだけでなくマスカラだけ浮いて不自然に。束感のあるボリューミーなつけまつげも、上まぶたにかぶさるので目が小さく見えます。

◇囲み黒アイライン

<NG理由>

収縮色の黒で目を囲むと、かえって目が小さく見えてしまうため

黒は収縮色。黒の囲みアイラインは、目力アップは期待できても目を大きく見せる効果は期待できません。また、アイラインの幅を太くしすぎるのもNGです。二重の幅を狭めてしまい目元がキレイに見えません。

■ナチュラルメイクでデカ目に見せるコツとは?

避けたほうがよい、デカ目メイクはわかりました。どれもやりがちなメイク方法でしたね。ではどんなメイク方法ならナチュラルに、デカ目に見せることができるのでしょうか。メイクのポイントを教えていただきました。

◇アイシャドウのポイント

使うのは、マットなコーラルブラウンやブラウンベージュのような中間色。アイホール全体ではなく、まつげの際からアイホールの1/2に広げます。パールホワイトやパールの入ったベージュのような「肌になじみやすい」明るい色を、目の横幅の中心(黒目の上)に入れてなじませると自然な立体感が出ます。

◇マスカラのポイント

まつげは、最初にビューラーでカール。このとき気をつけるのは、根元からカールすることです。また、マスカラをしっかりのせるのも根元。あとは毛先に向かって、スッとブラシを抜くような気持ちで動かすと自然に仕上がります。

◇アイラインのポイント

アイラインは、ブラックを使います。均一な太さでひくのではなく、目の横幅の中心(黒目の上)を少しだけ太めに。長さは、目尻のラインより2〜3mm伸ばしてひきます。ひいたアイラインは、ブラックやダークブラウンのような濃いアイシャドウで、縦2〜3mm幅に収まるようにぼかすとナチュラルに。

■まとめ

目を大きく見せようとしてやってしまいがちなアイメイクと、ナチュラルメイクで「デカ目」にするためのポイントをあわせてご紹介しました。ナチュラルメイクのポイントは、どれもちょっとしたコツなので、毎日のメイクに取り入れてみてはいかがでしょうか。

(監修:山根あゆみ)

関連記事(外部サイト)