【シチュエーション別】シニヨンのベストアレンジ12選

【シチュエーション別】シニヨンのベストアレンジ12選

【シチュエーション別】シニヨンのベストアレンジ12選

かわいくておしゃれなまとめ髪に仕上がるシニヨン。難しそうに見えますが、実はとっても簡単につくれちゃうんです! カジュアルにもフォーマルにも決まるシニヨンの基本的なつくり方と、シーン別アレンジ12選を、Of HAIR 自由が丘ウエスト店のトップスタイリスト・古田愛さんに教えていただきました。

■シニヨンの作り方

まずは、基本的なシニヨンの作り方について教えていただきました。

(1)髪をひとつに結びます。この位置にシニヨンができるので、高い位置に作りたい場合は、結び目を高い場所につくりましょう

(2)結んだ毛先を持ってねじり、反対の手で少しずつ毛を引き出して崩します

(3)崩した毛を結び目の部分にくるくると巻きつけていきます

(4)巻きつけ終わったらアメピンで留めます

(5)留まりきらなかった毛も、アメピンやUピンで留めます

(6)完成です

■シニヨンのシーン別アレンジ12選

基本のシニヨンを応用してできる、シーン別アレンジ12選をご紹介します。

◇デイリー

スタンダードなシニヨンスタイル。毛先を少し残して遊ばせることで、動きのあるスタイルに。

前髪が長い人は少量のおくれ毛を残して、それ以外は後ろでまとめてあげると重たくなりません。

タイトにまとめたシンプルなスタイル。少し大人めのコーディネートに合わせるのがおすすめです。

上下に分けてつくった二つのシニヨンをミックスさせています。髪の長さが足りない人におすすめです。

◇オフィス

キレイめなスタイル。小さめのバレッタでオフィスでも合わせやすいです。

シニヨンの位置を下にすることで、落ち着いた雰囲気に。

いろんなシーンで使えるシンプルなシニヨンスタイル。どんな服にも合わせやすいです。

髪のボリュームが出やすくて、長い人にもおすすめなシニヨンスタイル。ボリュームが出すぎる人は、崩しすぎないようにしましょう。

◇デート

ねじり編みとミックスすることで動きのあるスタイルに。清楚な印象です。

キレイめスタイルだけど、編み込みを使ってかわいく。小さめのシニヨンで編み込みとのバランスをとっています。

ツインシニヨンで思いっきりかわいく。薄いブルーのリボンが甘さを抑えてくれます。

おくれ毛たっぷりで女らしく。ヌケた襟との相性も◎。

■まとめ

シニヨンは結び目の位置を変えるだけでも印象が異なります。基本のつくり方をマスターすれば、アレンジは簡単にできるものばかりなので、シーンに合わせてさまざまなアレンジを楽しんでみてくださいね!

(監修:古田愛)

関連記事(外部サイト)