【医師監修】知らないと怖い“目の日焼け”って? 予防法と正しいケアのコツ

【医師監修】知らないと怖い“目の日焼け”って? 予防法と正しいケアのコツ

【医師監修】知らないと怖い“目の日焼け”って? 予防法と正しいケアのコツ

夏になると、シミなどの原因になる紫外線が気になりますよね。日焼け対策に力を入れている人も多いのではないでしょうか。その中でも、意外と見落としがちな「目の日焼け」。きちんと対策をしていないと、大変なことになるかも……!? ここでは、目の日焼けによる影響や予防法、ケアのコツについて、眼科医の後藤聡先生に解説してもらいました。

■目と紫外線の関係とは?

肌と同じで、目も日焼けするのでしょうか。また、紫外線とはどのような関係があるのでしょう。後藤先生に話を聞いてみました。

目も日焼けします。太陽光の中は紫外線だけでなく、赤外線や電離線などの光線があり、それらが目に影響を及ぼします。特に、紫外線は皮膚に影響して、シミやしわの原因になるだけでなく、目のあらゆる部位に悪影響を及ぼします。脳から直接伸びている脳神経の一部である目玉に付いている視神経は、眼球は光を通しやすくするため、人体で唯一透明な組織です。光を通しやすいが故に、肌よりも影響がある臓器なのかもしれません。

■目の日焼けはどのような影響があるの?

目の日焼けは、どのような影響を及ぼすのでしょうか。後藤先生にくわしく教えてもらいました。

☆充血

紫外線角膜炎や翼状片で、目が赤くなることがあります。日光に当たったあとに充血があれば注意しましょう。充血のみで、ほかの症状がなければ様子を見ることも可能ですが、一晩経っても赤みが消えない場合は、必ず近くの眼科を受診してください。

☆異物感・痛み

紫外線角膜炎や翼状片、瞼裂斑により炎症を起こした瞼裂斑炎が原因で、異物感や痛みを感じることがあります。症状が異物感だけで次第に軽減する場合は、様子を見るだけでいいかもしれませんが、痛みが増強する場合は必ず眼科医を受診しましょう。

☆まぶしさ

白内障や紫外線角膜炎により、まぶしく感じることも。まぶしさが続くようなら、一度眼科での検査をおすすめします。

☆流涙(りゅうるい)

異物感や痛み、まぶしさの刺激により、涙っぽくなることがあります。痛みやまぶしさが治まるにともない流涙はなくなることがほとんどですが、続くようなら眼科を受診しましょう。

☆見えにくさ

白内障や加齢黄斑変性は、最悪失明することがあります。今までとちがって見えにくい場合は、必ず眼科医に相談しましょう。状態がひどくなる前であれば、治療可能なこともあります。

■病気の可能性は?

目の日焼けは病気を引き起こす可能性があるのでしょうか。後藤先生に解説してもらいました。

☆紫外線角膜炎・電気性眼炎

強い紫外線により、黒目(角膜)の表面に細かい傷ができます。症状としては、目の充血や異物感(ゴロゴロ)、痛み、涙が止まらない(流涙)が多く、スキーやスノーボード、登山のときになる雪目(ゆきめ)は有名です。

☆白内障

目の中の水晶体が濁る病気です。加齢が原因の場合もありますが、紫外線が病気の発症・進行に大きく影響するとされています。初期症状は霞目やまぶしさですが、進行すると視力低下を起こします。新興国では、いまだに失明原因の上位を占めています。

☆瞼裂班

白目の内側に黄色い膨らみができることです。これ自体に病的意義はありませんが、紫外線の影響が大きく、次第に大きくなる場合は、手術などで摘出して、腫瘍などと鑑別をしないといけません。

☆翼状片

白目(結膜)が黒目(角膜)に入り込んでくる病気です。紫外線の影響が大きく、農村や漁村で多いとされています。良性腫瘍で、充血や異物感を起こすことも。進行すると黒目を引っ張り、乱視をひどくすることがあります。

☆加齢黄斑変性

日本人の失明の原因の上位です。喫煙・高血圧・紫外線の影響を言われています。症状としては、歪んで見えたり視野の真ん中が欠けて見えたりします。放っておかずに、眼科でくわしく調べましょう。初期であれば治療可能なこともあります。

☆日食網膜症・日光網膜症

皆既日食で太陽を直接見たりなどしなければ起こりませんが、紫外線や赤外線が原因と言われています。色付きフィルムを使っても障害が起きることがあるので、太陽を直接見るのは絶対にやめましょう。

■目の日焼けを予防する方法とは?

目の日焼けを予防する方法について、後藤先生にアドバイスをもらいました。

☆日傘を使用する

大きめの日傘は日光から肌を守るだけでなく、目を守ります。しかし、海面や地上からの照り返しに対しては不十分なので、サングラスなどを併用しましょう

☆つばの大きい帽子をかぶる

日傘同様、顔の肌や瞳を日光から守ります。

☆スキー場でゴーグルをする

スキー場に行くときは、ゴーグルをしましょう。雪目予防に効果的です。

☆UVカットのサングラスをかける

瞳を守るために、有効な手段です。

☆コンタクトレンズをする

ネットや路面店で売っているカラコンではなく、眼科専門医に処方される多くのコンタクトレンズは、UVカットの機能がついています。

■目の日焼けの正しいケア方法とは?

最後に、目の日焼けの正しいケア方法について、後藤先生に話を聞きました。

☆目薬をさす

抗炎症作用の目薬が効く場合もありますが、目薬をさしてよくならないときは、近くの眼科医を必ず受診しましょう!

☆眼科に行く

痛みが強い場合や見え方がおかしい場合は、近くの眼科を早めに受診しましょう。

■まとめ

いかがでしたか? 紫外線対策を怠り目が日焼けすると、失明してしまうこともあるようです。肌だけでなく、目の日焼け対策にも力を入れましょう。もし目に違和感がある場合は、すぐに眼科に行って先生に相談してください。

(監修:後藤聡)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)