一重のためのメイク術! 「かわいい」と言われる一重アイメイクとは?

一重のためのメイク術! 「かわいい」と言われる一重アイメイクとは?

一重のためのメイク術! 「かわいい」と言われる一重アイメイクとは?

一重さんがぶつかりがちなアイメイクの壁。メイクをしてもクールなイメージになってしまい、キュートな感じにならないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで、アイメイクのカラーやメイク方法で明るくかわいい目元にするコツを、ヘアメイク専門店・アトリエはるかに聞きました。

■真似したい! かわいく決まる一重メイク

さっそくナチュラルでかわいく見える一重向けのアイメイク方法について、アイテムごとに紹介していきます。

◇アイシャドウの使い方

かわいい印象というと、ピンクを選びがちですが、ピンクのみだと腫れぼったく見えるので、ベージュをベースにして自然な明るさを出すのがオススメです。

グラデーションにするなら、ブラウンの締め色を目の際に足して、アイホールの中心にツヤ感のあるパール系シャドウをのせると、明るさと立体感が出ます。

さらに、下まぶたにもツヤ感のあるパール系のシャドウをのせると、涙袋のようにふっくらとなり、目に縦幅も出てかわいらしい目元になります。このパール系のアイシャドウはギラギラしすぎない、粒子が細かいものが◎。

◇アイラインの使い方

一重だとキリッとした印象になりやすいので、アイラインは黒よりもブラウンのほうがオススメ。柔らかくかわいらしい目元に近づけます。

目尻を少し長めに引くと横幅も出て、自然に目を大きく見せることができます。

下のアイラインは、囲みラインにならないよう目尻から1/3だけ入れてブラウンのシャドウでぼかすと、たれ目風でかわいい大きな目に見せることができます。

◇マスカラの使い方

一重の方はまつ毛で目力が変わるので、ビューラーでまつ毛を根元から立ち上げ、ロング効果の高いマスカラをしっかりつけます。そうすることで目に縦幅が出てより大きな目に見えます。

目を丸く見せるとよりかわいらしく見えるので、真ん中をよりしっかり上げ、マスカラも二度塗りすると効果抜群です。

◇アイブロウの使い方

一重の方は眉と目の幅が広い傾向にあるので、眉全体を少し下に描き足していくとお顔が引き締まり、立体感が出ます。

ハイライトを眉山、眉下に少し足すと、さらに立体感を出すことができます。

■一重のタイプ別メイク方法とは?

一重には、まぶたに厚みの少ない「すっきりタイプ」と、厚みのある「ぷっくりタイプ」があります。それぞれのメイクのポイントを紹介します。

◇すっきりタイプ

(1)目を丸く立体感を演出

アイシャドウはグラデーションを入れて立体感を出し、目に丸みを演出。アイラインは、目尻から少しはみ出るようタレ目風に入れます。

(2)下まぶたのアイラインは、目尻1/3だけで抜け感を

下まぶたのアイラインは目尻から1/3の部分に入れてぼかし、残りの部分もぼかした色より明るい色のアイシャドウでふんわりとぼかしていきます。すると、より目元がはっきりと見えます。

(3)ビューラー&マスカラでぱっちり目に

ビューラーでまつ毛をしっかりと立ち上げて、上まつ毛は真ん中に、下まつ毛は目尻側にマスカラを二度塗りするとかわいい目元になります。

◇ぷっくりタイプ

(1)重いまぶたを引き締める

腫れぼったさを引き締めるために、寒色系(淡い水色)のシャドウを、アイホール全体にベースカラーとしてのせていきます。

(2)アイラインは太めに

目のきわに濃いブラウンを入れ、アイラインは目を開いたときに隠れてしまわないよう太めに入れます。このとき一気に太く入れるのではなく、正面を見て確認しながら少しずつひいて入れます。

(3)下まぶたのシャドウで目に縦幅を出す

下まぶたにもアイシャドウを入れて、目に縦幅を出します。ベースカラーに使用したシャドウを入れるか、またはブラウン系シャドウをのせることで、より目元をぱっちり見せることができます。

■「一重のためのメイク術」まとめ

一重の目をかわいく見せるメイクのコツ、いかがでしたか? アイテムの使い方ちょっと工夫したり、一重のタイプ別のポイントを意識するだけで、雰囲気や気分が変わりメイクがより楽しくなりそうですね。ぜひ、ここで紹介した方法を試して、イメージチェンジしてみましょう!

(監修:アトリエはるか)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)