ほんとに無理。「嫌われる上司」の特徴

ほんとに無理。「嫌われる上司」の特徴

ほんとに無理。「嫌われる上司」の特徴

「職場に、苦手だったり嫌いだったりする上司がいる」という人も少なくないと思います。仕事だからと割り切りたくても、うまく対処できない自分にイライラしてしまう……なんてこともありますよね。そこで今回は、女性のみなさんへのアンケートから、嫌われる上司にありがちな特徴や、嫌いな上司との上手な付き合い方・対処法をご紹介します。

■嫌いな上司がいる人の割合は?

嫌いな上司がいるという女性は、どのくらいいるのでしょうか? また、嫌われる上司の態度や言葉といった特徴についても聞いてみました。

◇嫌いな上司はいる?

Q.嫌いな上司がいる、または過去にいたことがありますか?

はい(64.3%)

いいえ(35.7%)

※有効回答数392件

6割以上の女性が「嫌いな上司がいる、または過去にいた」と回答。セクハラやパワハラが問題になっている現在、上司との付き合い方に悩む人も少なくないようです。さて、女性のみなさんは、これまでどんな「嫌な上司」に遭遇してきたのでしょうか?

◇私が遭遇した嫌な上司

☆機嫌で態度が変わる

・「日によって気分が変わるので、毎日ひやひやでした。機嫌の悪いときは何をしても怒られますし、長期間不機嫌になります」(24歳/その他/その他)

・「自分の機嫌で態度が変わったり、言っていることとやっていることがちがう人」(23歳/医療・福祉/専門職)

☆言葉がキツい

・「せっかちで、言葉遣いが横暴。好きな人にはやさしいけど、嫌いな人にはとことん冷たい」(26歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「能力を全否定するような発言をする」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

☆人によって態度が変わる

・「機嫌によって態度が変わるし、お気に入りの子との差が激しすぎる」(29歳/商社・卸/営業職)

・「その日の気分や人の好き嫌いで言動が変わる」(31歳/学校・教育関連/その他)

☆理不尽な理由で怒る

・「まわりから恐れられていたし、怒らせると理不尽なことばかり言われる」(25歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「理不尽な理由で怒られることが多く、同期が全員辞めてしまって精神的につらかった」(25歳/その他/販売職・サービス系)

☆とにかく上から目線

・「上から目線でものを言うし、人を見て差別していた」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「部下のがんばる気持ちを阻害するような細かい注意や、的外れな説教がイラつきました」(32歳/その他/クリエイティブ職)

自分本位だったり、新人に対しても厳しい言動が目立ったり。上司が理由で、何人も退職者が出ていた……という意見もありました。自分もそんな「嫌われる上司や先輩」になっていないか、反面教師として、仕事中の態度を振り返ってみることも大切ですね。

■嫌いな上司との上手な付き合い方

どんなに嫌いな上司がいても、仕事は仕事。上手に付き合ったり、対処したりしていかなければなりません。女性のみなさんに、嫌いな上司との付き合い方で心がけていることや、有効な対処法についても聞いてみました。

◇嫌いな上司の対処法は?

☆近すぎない距離感を保つ

・「深く関わろうとしないで、ある程度距離を置く。人のことまで手を出してやらないようにする」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「つかず離れずの関係を築く。それほど近い存在にならないようにする」(23歳/医療・福祉/専門職)

☆接するのは必要最低限にする

・「特に仲良くなろうとはせず、必要最低限のかかわりしかしないようにしている」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「最低限の会話はするが、必要なとき以外はなるべく接しないようにする」(26歳/医療・福祉/専門職)

☆すべてを受け止めず、時には流す

・「話は聞き流す。適当な相づちを打って、機嫌よく見せておく」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「真剣に受け止めたら気が滅入ってしまうから、聞くふりをして聞き流すようにする」(27歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

☆別の上司に相談する

・「上司よりもっと上の役職の方に相談する。困っていたが、その方に対処してもらえた」(30歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「別の上司に報告・連絡・相談できる業務であれば、別の上司に聞きに行く」(34歳/その他/その他)

☆異動を待って割り切る

・「会社の相談室に連絡するか、異動待ち」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「仕事関係はそのうち異動があるからと割り切る」(29歳/生保・損保/営業職)

上司の言動をいちいち拾わず、適度に受け流す癖をつけるのが、ストレスを溜めないコツといえそうです。「永遠にその上司と仕事をするわけではない」と割り切ってしまったほうが、気持ち的にも楽なはず。また、別の上司に相談したり、異動の相談を出したりして、自分の精神を守るのもひとつの手段です。

■ストレスを溜めない付き合い方を心がけて

ストレスは心身にさまざまな悪影響を与えてしまうため、極力溜めないようにすることが大切。嫌いな上司に日々悩んでいるという人は、ここで紹介したような対処法を試してみてはいかがでしょうか? また、どうしてもつらい……という場合はひとりで抱え込まず、周囲の同僚や別の上司に相談してみるのも選択肢のひとつです。

(Hatsumi)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ

調査日時:2018年6月1日〜6月4日

調査人数:392人(22〜34歳の未婚女性)

関連記事(外部サイト)