手でOK? 仕上がりに差がつく「BBクリーム」の正しい塗り方

手でOK? 仕上がりに差がつく「BBクリーム」の正しい塗り方

手でOK? 仕上がりに差がつく「BBクリーム」の正しい塗り方

韓国セレブの間で話題となり、世界中で親しまれるようになったBBクリーム。現在では化粧下地やファンデーション代わりに用いられる人気のコスメです。メイクの時短も図れて便利ですが、その正しい塗り方を知らない方も多いのではないでしょうか? 美しい仕上がりとロングラスティング(長持ちさせる方法)を実現するための正しい塗り方をマスターしましょう。韓国セレブの間で話題となり、世界中で親しまれるようになったBBクリーム。現在では化粧下地やファンデーション代わりに用いられる人気のコスメです。メイクの時短も図れて便利ですが、その正しい塗り方を知らない方も多いのではないでしょうか? 美しい仕上がりとロングラスティング(長持ちさせる方法)を実現するための正しい塗り方をマスターしましょう。

■BBクリームとは?

BBクリームのBBは「blemish balm」の略で、「傷んだ肌を修復する」という意味をもつクリームです。もともと、ドイツの皮膚科医によってピーリング後のデリケートな肌を保護するために開発されたものでした。

そんなBBクリームに注目したのが、美容に敏感な韓国の女性たち。医療用に開発されたBBクリームをアレンジし、美容成分や紫外線防止効果を加えるなどしてより使いやすいアイテムに変化させました。

このような過程でつくられ、世界中に愛用されるようになったBBクリーム。現在は、どんな人が使うとよいアイテムなのでしょうか。

◇BBクリームとは

現在のBBクリームは、スキンケアとメイクの境界にあるようなコスメで、うるおい効果のあるクリームファンデーションもその一種とされています。元来の肌を保護する役割から由来し、肌にやさしいファンデーションとしても知られています。

また、化粧下地や日焼け止め、ファンデーションなどの役割を兼ねていることから、ベースメイクのオールインワン化粧品としても人気。時短メイクをしたい方から重宝されているアイテムでもあります。

◇BBクリームとCCクリームのちがい

BBクリームが広く認知されるようになり、それに次いで注目を集めたのがCCクリームです。よく似た名前で、お店でも並んで販売されていることが多く、両者のちがいがわからない方も多いのではないでしょうか。

CCクリームの「CC」は、メーカーによって異なり、「Color Control(色を調整する)」、「Complete Correction(完全な補正)」、「Combination Cream(組み合わせクリーム)」などさまざまな意味をもちます。

BBクリームよりも軽い仕上がりと高いスキンケア効果が期待でき、肌の色みを整えることで素肌からキレイに見せてくれるアイテムです。

BBクリームは前述のように、単品でベースメイクを完了できるアイテムで、リキッドファンデーションのようなしっかりとした仕上がりが可能です。

一方、CCクリームは色味補正をするアイテムなのでファンデーションとしての役割はなく、しっかりとカバーしたい方はファンデーションとの併用をオススメします。

■BBクリームは塗り方で決まる?

BBクリームを実際に塗ってみると、厚塗りになったり、崩れやすかったりと、仕上がりや化粧もちに不満を感じたことがある方も多いかもしれません。どんなに素晴らしいアイテムでも、塗り方次第ではその実力を発揮できないものです。BBクリームをキレイに塗り、その仕上がりを持続させるには、どのような塗り方をすればよいのでしょうか。

◇BBクリームを塗る正しいタイミング

BBクリームを塗るタイミングは、スキンケアを済ませたあとです。乳液やクリームの役割を兼ねたものも多いため、化粧水のあとに使ってもOKですが、乾燥が気になるときは乳液やクリームも塗っておいたほうがよいでしょう。

BBクリームは日焼け止めや化粧下地としての役割を果たすため、スキンケアの後に塗ると一気にベースメイクを仕上げることができますよ。

ただし、BBクリームだけで完了すると、化粧崩れしやすい可能性が。化粧もちが気になる場合は、BBクリームを塗ったあとにフェイスパウダーを重ねるとよいでしょう。

◇BBクリームは何で塗る?

日焼け止めや化粧下地は手で塗っても、リキッドファンデーションはスポンジやブラシで塗る方が多いのではないでしょうか。では、それらを1つにしたBBクリームは何で塗るのがいいのか、美しい仕上がりをかなえるツールについて考えてみましょう。

☆簡単・手軽に塗るなら「指」

道具なしで手軽に塗りたいときは、指で塗るとよいでしょう。両方の手のひら全体を使ってササッと塗る方法もありますが、手早く仕上がるぶん仕上がりや化粧もちは他の塗り方に劣ってしまいます。BBクリームを顔の数カ所に点おきし、指全体を使ってたたき込みながら塗り広げるとキレイに仕上がります。

☆立体感と崩れにくさを両立する「スポンジ」

仕上がりの美しさと化粧もちを両立させるなら、スポンジがオススメです。面を使えば広範囲を、角を使うと小鼻のキワや口角もキレイに塗ることができ、細部まで美しく仕上がります。スポンジが余分な油分を吸い取ってくれるので厚塗りにならず、化粧もちもよくなります。

☆効率とリフトアップを狙うなら「ブラシ」

ブラシは指よりキレイに仕上がり、スポンジよりも無駄なく塗れるツールです。スポンジのように油分を吸わないため、ファンデーションの使用量を抑えることができます。毛穴やフェイスラインなどたるみが気になる部分は、引き上げるように塗るとリフトアップ効果も。ファンデーション専用のブラシを使い、ブラシを寝かせながら薄く塗っていきましょう。

◇BBクリームの上手な塗り方

BBクリームの塗り方次第でツヤや立体感を出すことも可能です。スポンジを使った上手な塗り方を見てみましょう。

1. 片側の頬の高い位置にBBクリームをのせ、スポンジで頬全体に塗り広げていく2. ファンデーションがついたスポンジで額→あご→目元→鼻→フェイスラインの順に塗り広げる3. スポンジの角を使い、小鼻のキワや口角などの細部もムラなく塗る

頬にたっぷりと塗ることでツヤが生まれ、肌がキレイに見えるように。さらに、2の順番で塗りのばしていくと立体感のある表情になるでしょう。

■自分に合ったBBクリームの選び方

手軽で便利なBBクリームはさまざまなブランドから販売されているため、どの商品を選べばいいか分からないという方も多いかもしれません。自分に合ったBBクリームを見つけるためには、お悩みや理想の仕上がりに合わせて選ぶことが大切です。

◇BBクリームの選び方

買ってから後悔しないためにも、選び方のポイントを覚えておきたいところ。BBクリームを選ぶときの主なポイントは3つです。

☆もっとも求めている効果を重視して選ぶ

BBクリームはベースメイクの中でマルチな役割をもつ便利なアイテムですが、その分、紫外線防止効果やカバー力、崩れにくさなどすべての点で満足するのは難しいものです。そのため、もっとも求めている効果を重視して選ぶと、失敗しにくいでしょう。機能にもの足りなさを感じるときは、別のアイテムを補うと上質な仕上がりを目指すことができます。

☆テクスチャーや時間経過を確認してから購入する

BBクリームと一口にいっても、水分ベースのものや硬めのクリームベースのものなどテクスチャーはさまざまです。使い心地に不満を感じるとストレスになるだけでなく、のびの悪いアイテムは肌に負担を与えてしまいます。また、塗りたてはキレイでも、時間が経つとくすんだりヨレたりするものも。実際に試してみて、快適に使えるものを選びましょう。

☆肌になじむ色を見極める

違和感なく仕上げるには、肌に合う色を選ぶことも重要です。顔の色に合わせて選ぶと、首が暗く見えて白浮きしてしまうことが。顎と首の境目に候補となる色を何色か並べて塗り、その中で自然になじむ色を選びましょう。

■BBクリームを時短メイクの味方に

BBクリームは時短メイクの強い味方ですが、選び方や塗り方によっては不満を感じる可能性が。選び方のポイントと上手な塗り方を覚えておくと、手早くキレイに仕上げられるようになるでしょう。

(古賀令奈)

※画像はイメージです

関連記事(外部サイト)