「これはモリモリのくまさん!」たくましい“筋肉くまパン”に反響、作者語るパン作りへの想い

「これはモリモリのくまさん!」たくましい“筋肉くまパン”に反響、作者語るパン作りへの想い

Ranさん(@konel_bread)による「筋肉くまパン」(写真:本人提供)

可愛らしい顔とは裏腹に、筋肉ムキムキのボディをした、くまさんの手作りパンがTwitter上で話題に。この投稿は15.1万件ものいいねを集める反響で、「ムキムキなだけにプロテイン入ってそう」「これは森のクマさんではなく、モリモリのクマさん」「食べて元気もらえそう!」などとコメントも多数寄せられている。投稿したのはRanさん(@konel_bread)で、パン教室を主宰したり、パンのレシピ本を出版したりしながら、さまざまなオリジナルのパンを考案している。「筋肉くまパン」を作ったきっかけや、パン作りに込めた思いなどについて話を聞いた。

■「ちぎりパンが筋肉に見えた」…話題の「筋肉くまパン」誕生秘話

 大きく膨らんだ大胸筋と綺麗に6つに割れた腹筋、そして太くてたくましい腕と足ながら、にっこりと微笑む愛らしい顔…。そんな筋肉ムキムキの体を持つのが、「筋肉くまパン」である。腹筋の部分は、ちぎりパン仕様になっているとのこと。

 この「筋肉くまパン」シリーズのツイートが話題を呼んでいることに、「こんなに大きな反響があるとは思っていなかったので驚いていますし、私の作ったパンがたくさんの方の笑顔に繋がっているのかなと思うととても嬉しいです」と、Ranさんは喜びの声をあげている。

 もともとは普通のちぎりパンを作っていたというが、それがだんだん筋肉に見えてきて、「これを生かしたパンが作れないかな?」と感じたことが、「筋肉くまパン」を作ったきっかけ。実際にこのパンを作る際には、いくつか注意するべきポイントがあるそうだ。

 「筋肉くまパンは顔や筋肉、手足などのパーツ数が多いので、成型の際はパン生地の発酵が進まないうちに素早く作業を行う必要があります。ですので、慣れないうちは一度にたくさんは作らずに、少量にした方が焦らずに作れると思います」

■切ると名画や昆虫が飛び出す? “誰でも作れる”レシピ確立の苦労

 Ranさんは「筋肉くまパン」のほかにも、切ると断面が名画や可愛らしいイラストになっている“イラストパン”も作っている。これまでで特に反響の大きかったのは、切ると断面に花が咲く「お花のフルーツサンド」、イラストパン美術館「ムンクの叫び」、切って開くと完成する「昆虫図鑑のイラストパン」などだそうだ。

 だが、このような工夫を凝らしたパンを作るには苦労も多い。中でも、レシピとして確立させる作業がもっとも大変で、感覚的に作ったものを誰でも作れるようにするには常に試行錯誤しているという。

 「ただ、成型で工作のように生地を組み合わせていく過程や、完成したパンを切る瞬間はとても楽しいですね。どんなイラストが出てくるのかというドキドキ感やワクワク感は、ほかのパンでは味わえないものがあります」

 「筋肉くまパン」をはじめとして、たくさんのパン作品をSNSに投稿して発表し続けているRanさん。それによって、思いもよらぬ変化が起こったり、いい影響を受けたりもし始めている。

 「SNSを通して、日本はもちろん、世界中の人たちにも知っていただけました。そして、それをきっかけにパン教室に来ていただいたり、さまざまなところからパン制作の依頼があったりと、出会いが大きく広がりました」

 コロナ禍で在宅時間が増加しているため、「パン作りに挑戦してみたい」といった思いを持つ人もいるだろう。実際にRanさんは、そういった声や状況の変化をすでに肌で感じているようだ。

 「SNS上で、私のレシピ本を見て初めてイラストパンを作ったという投稿を多く目にしたり、これまでパン作りをしていなかった身近な友人たちがパン作りを始めたりもしています。在宅時間の中でできる楽しみ方のひとつとして、“パン作り”が選ばれていることがとても嬉しいです」

 最後に、「これからパン作りに挑戦してみたい」というユーザーに対して、Ranさんは以下のメッセージを送ってくれた。

 「『パン作りは難しい』というイメージが強いかもしれませんが、実際にやってみると意外と簡単に美味しいパンができるものなので、ぜひ楽しみながら挑戦してみてください」

関連記事(外部サイト)