【ディオール】ヒットパンプスができるまでの舞台裏

 ディオールの新アイコンシューズとして注目を集めているパンプス「J’ADIOR (ジャディオール)」の製作舞台裏に迫った動画が公開された。デザインスケッチから、同パンプスを印象づけるバックストラップのリボン製作工程、パーツの裁断など、“珠玉の1足”が生まれるまでを収めている。

 見どころは、イタリア・フィレンツェにある家族経営のエンブロイダリー(刺繍)工房でのリボン作り。「J’ADIOR 」のロゴは、1本の黒糸で刺繍されているため、一文字ごとに手作業で切断する。その後、7万5000以上のステッチが施され、一足分の装飾で実に3時間半を費やしているという。アクセントとなる“結び”が手作業で仕上げられているのも新たな発見といえそう。

 昨年、「ヴァレンティノ」から同ブランドの新クリエイティブ・ディレクターに就任したマリア・グラツィア・キウリが、自身のデビューコレクション(2017年春夏コレクション)で発表したこともあり話題となったパンプス「J’ADIOR」。新生ディオールを象徴するアイテムの知られざる制作背景をうかがえる貴重ムービー、ぜひチェックして。

関連記事(外部サイト)