ガソリンエンジンのスポーツカー以上にスポーティかも! 日産リーフNISMOが示す電気自動車の走りの可能性

ガソリンエンジンのスポーツカー以上にスポーティかも! 日産リーフNISMOが示す電気自動車の走りの可能性

スポーツモデルとしても魅力的な日産 リーフ NISMO

電気自動車って聞くと、新しい時代の乗り物だけに、どうしても環境やクリーンなイメージが強い。だが、7月31日に日産の電気自動車リーフに加わった「NISMO」に乗ったら、「これってガソリンエンジンのスポーツカー以上にスポーティかも!」と思えるほど、走りが楽しく気持ちいい一台だった!

では、日産のモータースポーツを支えるNISMOが手を入れたリーフはどんな走りだったのか? その前にこのリーフNISMOのプロフィールを紹介しよう。

エクステリアで特徴的なのは、前後のバンパーが専用デザインとなっていること。これは空力性能を向上させるためで、要はノーマルよりも地面にへばりついて安定感が高まるようにするため。実際、その形状も、日産GT−R NISMOと同様の手法を使った形状が用いられている。また併せてサイドスカートも与えられることで空力性能を向上させている。

さらに日産のNISMOモデルは、ボディの下回りに赤いラインがアクセントとして入る。リーフNISMOもその例に漏れず、差し色の赤が入れられており、ひと目でNISMOとわかるスポーティさを手に入れている。そしてフロントグリルやトランクには「NISMO」のロゴが与えられている。

インテリアは専用のアルカンターラで滑らかな手触りを実現したステアリングを与えるのに始まって、エアコン吹き出し口やイグニッションスイッチなどには赤いベゼルが与えられている。またカーボン調パネルや専用の電動シフトも採用。そしてシートやトリムはブラックに赤いステッチで典型的なスポーツモデルの雰囲気を作り上げた。

走り始めると、まず印象的なのがノーマルと比べるとかなり力強い加速が生まれていること。リーフはノーマルでも十分以上に静かで滑らかで力強い加速を実現しているが、NISMO版はさらに胸のすく加速を味わえる。また、加減速に対しての反応が素早くなる味つけとされており、ペダル操作に対して鋭い反応を見せるのもノーマルとは異なる部分である。

しかしだ。なんとこのNISMO、モーターとバッテリーは、ノーマルと同じというから驚く。ではどのようにして力強さと反応の良さを実現するチューニングを施したのかといえば、VCM(ビークルコントロールモジュール)と呼ばれる制御用コンピューターを専用セッティングとしたから。

電気自動車の場合、モーターがノーマルと同じ出力だったり、バッテリーがノーマルと同じ容量でも、それをどう出力してどう使うかは、制御用のコンピューターで自在にチューニングができる。

そこでリーフNISMOでは、ノーマルモードでのDレンジをNISMO専用の力強い加速を実現するモードに。またBレンジではさらに力強い加速と素早い加減速の応答を実現するモードへとチューニングした。

これによって特にBレンジでは、アクセルを踏み込んだ瞬間に俊敏な加速レスポンスが生まれるし、逆にアクセルを離せば素早く強い減速が生まれるようになっている。

そしてシャシーはサスペンションが専用チューニングとなり、優れた操縦安定性と乗り心地を両立したのがポイント。

これはショックアブソーバーのチューニングや、装着タイヤを18インチのコンチネンタルスポーツコンタクト5に変更するなどして行なわれている。電気自動車のスポーツモデルらしく、サスペンションなどのハードウエア的なチューニングだけでなく、シャシーに関しても制御系のチューニングが施される。

例えば車速感応式電動パワーステアリング、電動型制御ブレーキ、インテリジェント トレースコントロールなどを専用の制御にするソフトウエア的な変更をチューニングしている。

実際に走らせると、ハードウエアのチューニングが効いており、乗り心地的にはスポーツモデルゆえの硬さはあるものの、高速域で姿勢をしっかりと安定させるフラットな乗り味を実現。結果高速道路をどこまでも突き進むような安定感ある走りを生んでいる。

さらにカーブを曲がる際のコーナーリングでも、ノーマルより高い旋回性能を手に入れており、リーフのもともとの低重心ゆえの安定感と相まって、かなりの「G」を伴うコーナリングが実現されていたのだった。

リーフNISMOは、スポーツモデルとしても魅力的。それは間違いないのだが、実は電気自動車の走りにおいて大きな可能性を感じさせてくれる一台だ。

●河口まなぶ
1970年生まれ、茨城県出身。日本大学藝術学部文芸学科卒業後、自動車雑誌(モーターマガジン社)アルバイトを経て自動車ジャーナリスト。毎週金曜22時からYouTube LIVEにて司会を務める『LOVECARS!TV!』がオンエア中。02年から日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

関連記事(外部サイト)