【B級フード研究家・野島慎一郎のバカレシピ】蒙古タンメン中本のスープを辛うまタレに魔改造!「辛うま! 中本ぶっかけ唐揚げ」

独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、蒙古タンメン中本のスープのポテンシャルを最大限に生かした「辛うま! 中本ぶっかけ唐揚げ」!

* * *

【今回の食材】
・蒙古タンメン中本 辛旨豆腐スープ 1個 ・味の素 ザ☆から揚げ 1袋 ・ねぎ 適量 ・日清 水溶きいらずのとろみ上手 適量

002_DSC.jpg

野島 セブン−イレブンでは辛うまラーメンの最高峰「蒙古タンメン中本」のカップ麺や冷凍食品などが売られていますが、実は麺が入っていないカップスープなんてものもあるんです。

助手 それ知らなかったッス! でもあの激辛味はやっぱり麺と食べるのが正義で、超辛スープを単体で飲むとか、ただの罰ゲームでは?

野島 いやいや、でっかい豆腐も入っていて意外と食べやすいし、満腹度も高いんだ。でも助手くんと同じく存在自体を知らない人も多い。これではもったいないので、今回は中本スープのポテンシャルを最大限生かしたバカレシピを作りましょう。

助手 よろしく頼むッス!

(1)スープ! 蒙古タンメン中本 辛旨豆腐スープに熱湯を入れて手順どおり作ったら、そのまま鍋に移してひと煮立ちさせる。その間にザ☆から揚げをレンチンし、ねぎも細かく刻んでおこう

(2)とろみ! (1)に刻みねぎを入れたら火を止め、水溶きいらずのとろみ上手を入れて全体にとろみをつけ、お玉で豆腐を崩しておく。とろみつけはもちろん水溶き片栗粉でも代用可能

野島 まずは熱湯で中本スープを作ったら鍋に移して刻みねぎを入れて温め、火を止めたらとろみ粉であんかけ状にします。

助手 このビジュアル、完全に麻婆豆腐じゃん!

野島 だろ? でもこの豆腐はお玉で豪快に潰(つぶ)してしまいましょう。グチャ! ビチビチッ! 

助手 おい!! 毎度のことだが食べ物を粗末にするな!

野島 今回はこれをタレとして使うのでまったく問題ありませんから。で、何にぶっかけるのかというとこちら。味の素冷凍食品の「ザ☆から揚げ」!

助手 うおおお! そのシリーズ、大好きなやつッス!

野島 このジューシーな唐揚げと中本のスープの味は絶対にマッチするとわかっていたんですが、そのままつけたりかけたりしてもどうも一体感が出ない。そこでスープにとろみをつけ、ついでに豆腐を潰したらまろやかさも際立ち、見事にハマったというわけです。

助手 豆腐がかわいそうだ!

(3)ぶっかけ! レンチンして温めた唐揚げを食器に盛りつけ、(2)を全体にかければ完成。辛うまタレをたっぷりと絡めながら豪快に頬張ろう。口の中はうま味の大洪水。圧倒的にウマい!

(4)完成!「辛うま! 中本ぶっかけ唐揚げ」

野島 さあ、つべこべ言わずにレンチンした唐揚げにたっぷりかけて食べてみて。

助手 ウハッ! 唐揚げからドバドバ出てくる肉汁と中本の辛うまスープが口の中で完全に一体化! うま味の大洪水! ぶっちぎりでウメェッー!!

(5)ライス! そのままもウマいが、中本のスープをまとった唐揚げはご飯との相性抜群! 刺激的な辛さと滝のような肉汁が食欲を激しく刺激する。オン・ザ・ライスでかっ喰らえ!

野島 ねぎもアクセントになって味を引き立てているんですよ。で、これはハンパなくご飯に合う味になっているので、ぜひオン・ザ・ライスでガッツリ食いまくっちゃってください。

助手 ぎゃん!! これぞこの世で最高のおかず! これひと口で茶碗1杯は余裕で食えるわ!

野島 いやあ、すごいタレができたものですね。こりゃあほかの料理にも使わないともったいないな......そうだ! 中華麺にかけて食うのはどうだろ!?

助手 それ、蒙古タンメンに戻してるだけですから!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)。YouTube『のじまちゃんねる』

撮影/下城英悟

関連記事(外部サイト)