【B級フード研究家・野島慎一郎のバカレシピ】かき揚げをぶっ込むだけの最強時短! ジャンクさMAXでご飯が進む「丸亀製麺のかき揚げぶっ込み時短カレー」

独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、最速5分で作れる時短カレー「丸亀製麺のかき揚げぶっ込み時短カレー」!

* * *

【今回の食材】
・野菜かき揚げ(丸亀製麺) 1個 ・ご飯 適量 ・お好みのカレールウ 2片 ・しょうが(丸亀製麺) 適量 ※2人前の分量です。

002.jpg

野島 最近は電子レンジを使った時短レシピがSNSではやってますね。

助手 確かに、煮込まずに15分で作るカレーとか人気ッスね。

野島 あんなの、私に言わせれば全然時短じゃないから。私が本気で時短カレーを作ったら、最速5分で作れますよ。これ、ギネス記録狙えるんじゃない?

助手 カップ麺級の爆速カレーじゃん! なんならレトルトカレーを温めるよりも速いかも? じゃあ、今からストップウオッチで計るッスよ! よーい、スタート!

野島 それでは鍋で250ミリリットルくらいのお湯を沸かし、カレールウを2片入れて溶かしま......ムムムッ、カレールウを見てたらちょっと便意が......。すまん、トイレ行ってきていいかな?

助手 段取り悪すぎかよ!

(1)分解! 丸亀製麺の野菜かき揚げをテイクアウトしてきたら、野菜をちぎって分解しよう。冷めてしまった場合はちぎった後にトースターで温めるとカリッとした食感も復活するぞ

野島 カレールウが溶けたら次に使うのは丸亀製麺の野菜かき揚げのテイクアウト。これをちぎって分解しますよ。

助手 せっかく上手に揚げられてるかき揚げを分解とか、台無しにもほどがあるぞ!

(2)溶かす! 鍋で250ミリリットル程度のお湯を沸かしたら一度火を止め、カレールウを入れて溶かす。かき混ぜながら再度中火で温め、とろみが出たら丸亀製麺でテイクアウトしたしょうがを入れよう

(3)ぶっ込み! あとは(2)に野菜かき揚げをぶっ込み、全体をカレーになじませたら完成。野菜にはもともと火が入っているので煮込む必要はない。あとはご飯に盛りつけて食べるだけ!

(4)完成!「丸亀製麺のかき揚げぶっ込み時短カレー」

野島 あとは一緒にテイクアウトしたしょうがをカレーに溶かし、かき揚げをぶっ込んだら完成! 助手くん、タイムは!?

助手 マジで5分ッスね! っていうか、これはそもそも料理といえるのだろうか......?

野島 いいんですよ。料理のハードルはどんどん下げたほうがいい。なんならカップ麺を作るのだって料理ですからね! さて、ご飯にかけて食べてみて。

助手 うおおっ、想像以上にジャンクな味! しかもちゃんと煮込んだ野菜カレーっぽくなってる! 普通に激ウマッス!!

(5)激ウマ! 天ぷらの衣でザクザク&こってり感がブーストされ、それをしょうがで締めたジャンクなカレーが激しくウマい! お好みでテイクアウトした天かすを振りかけて召し上がれ!

野島 丸亀製麺のかき揚げはタマネギ、ニンジン、サツマイモで構成されているんでそのままカレーの具になるんですよ。しかも揚げて熱が加えられているので甘みも出てるし、衣がうま味を閉じ込めてくれているんです。

助手 衣が溶けてこってりブーストされてるところも、ザクザク感が残ってるところもウマいし、しょうがもガッツリ効いてて味を引き締めてるし、マジで完璧なジャンクカレーッスね!

野島 さらにジャンクに寄せたければ天かすもガッツリ入れるといいですよ。それにしてもこれウマいな。2人前をペロリと完食。おかわりも作りますか!

助手 賛成! 5分で作れるとこういうときに最強ッスね!

野島 それじゃまた丸亀製麺でかき揚げをテイクアウトしてきてください。最寄りの丸亀製麺までは徒歩30分くらいかな?

助手 それ、1時間かかるじゃん!! 全然時短じゃないわ!!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)。YouTube『のじまちゃんねる』

撮影/野島慎一郎

関連記事(外部サイト)