【B級フード研究家・野島慎一郎のバカレシピ】埼玉県民のソウルフード・ぎょうざの満洲がピザに大変身!「ぎょうざの満洲のガーリックピザ」

独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、餃子を解体してピザにした「ぎょうざの満洲のガーリックピザ」!

* * *

【今回の食材】
・ぎょうざの満洲 生ぎょうざ 12個(1パック) ・とろけるチーズ 適量 ・のっけるふりかけ〈にんにく豚ラー油〉(丸美屋) 適量 ・バター味のフライドにんにく(桃屋) 適量

002.jpg

野島 ひと昔前は埼玉県民のソウルフードといえば山田うどん一択でしたが、今は「ぎょうざの満洲」も絶大な支持を集めているんですよ。知ってます?

助手 「3割うまい!!」の満洲ッスね! ジューシーで手作り感満載の餡(あん)が激ウマ!

野島 そうそう。あと分厚い皮がモチモチで最高なんだ。今回はそんな満洲の生ぎょうざをテイクアウトしてきましたよ。

助手 やったぜ! 今夜は餃子パーティッスね!

(1)解体! ぎょうざの満洲の生ぎょうざを購入してきたら、ひとつずつ解体してアルミホイルの上に並べる。生餃子は冷蔵と冷凍があるが、生地が柔らかい冷蔵のほうが解体しやすい

野島 では始めますよ。まずは餃子をひとつひとつ解体します。

助手 ぎゃん! 餃子のまま食べたかったけど、やっぱり解体しちゃうんスね!

(2)つなげる! 広げた餃子の皮のフチに水をつけ、餃子の皮同士をくっつけて巨大な一枚にする。円形にできたほうが美しいが、別にこだわらなくてもOK。餃子の餡も全体に薄く延ばそう

野島 だってせっかくのモチモチ皮。餃子にしか使わないのはもったいない。1パック分の餃子を解体してアルミホイルの上に並べたら、皮のフチに水をつけて隣の餃子とくっつけて12個を合体させますよ。

助手 餃子はもともと水で皮を閉じるし、簡単にくっつくんスね。これをまた餃子形に整えたら超ジャンボ餃子になるッス!

(3)ニンニク! (2)の上に「にんにく豚ラー油」を薄く塗り、全体に「バター味のフライドにんにく」を振りかける。さらに具をトッピングしたい場合はこのタイミングでのせよう

野島 それも面白そうですが、今回は別の料理にアレンジしますよ。餡も薄く延ばしたら、ここに瓶入り調味料「にんにく豚ラー油」と「バター味のフライドにんにく」を振りかけます。

助手 うへえっ、餃子にニンニクをブースト! 間違いなくウマいけど、間違いなくクサい!!

(4)焼く! さらに(3)にとろけるチーズを振りかけたら、形が崩れないように気をつけながらトースターに入れてチーズがとろけるまで焼く。食べやすいサイズにカットして召し上がれ!

(5)完成!「ぎょうざの満洲のガーリックピザ」

野島 さらにとろけるチーズを振りかけたらそのままトースターにIN! チーズがとろけるまで焼いたら完成ですよ。

助手 うおおお、中華料理が一瞬にしてピザになったッス!

野島 餃子の皮を使ってひと口ピザを作るとカリッカリに仕上がってウマいんですけど、満洲の皮だとカリカリとモチモチのバランスが最強になるんです。さあ、熱いうちに食べてみて!

助手 ブハッ! 思わず笑っちゃうほど激ウマ!! 生地も最高だけど、これは肉たっぷりのジューシーな餡を食べるためのピザって感じッスね! ブーストしたニンニクも餡の味を引き立ててるし、フライドにんにくはガリガリしてるし、ジャンクの極み! こりゃ大成功ッスわ!

野島 ちょっとのカスタムでいっそう酒に合う味になりました。ビール、ストゼロ、ハイボール、店にあるだけ持ってこーい!

助手 ピザなのに米もいける、デブ大歓喜なバカフード誕生を祝うッス! バンザーイ!

野島 あ......助手くん、もう帰ってもらっていいかな。あまりにも口がニンニク臭くて......。

助手 ふざけんな! あんたが食わせたんだろーが!!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう) 
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)。YouTube『のじまちゃんねる』

撮影/野島慎一郎

関連記事(外部サイト)