競馬予想の「時計の見方」とは?【じゃいの人生は最高のギャンブルだ】第10回

じゃいタイトル.jpg

あらゆるギャンブルに精通し、どんな場面でも貪欲に勝ちを狙う男・じゃい。馬券でマンションを買ったという芸能界屈指のギャンブラーが、人生を勝ち抜く極意を教えます。

【今週のお悩み・第10回】競馬の予想をしていると、タイム的に充分勝負になると思えるのに、ほとんど印が打たれていない馬がいます。2、3年前のものだとあまり意味がないのはわかりますが、つい数か月前にそのタイムで走っていたのに、というケースもあります。

私はJRAしかやりませんが、そんなふうに思える馬が土日で1頭はいます。そういう馬が見つかったときは、その馬を軸に3連単や3連複で勝負するのですが、ほとんどの場合来ません。調教評価も決して悪くはないのに、惨敗で終わることが圧倒的に多いです。

時計的には充分足りているのに、プロの印が打たれないのはなぜか? そして十分な時計を持っているのに、なぜこうも惨敗するのか? 競馬下手の私にわかりやすく教えていただけると嬉しいです(60代・男性)

* * *

まず、単純に時計(タイム)だけ見ても答えが出ないパターンが多いです。時計(いいタイム)が出るとき、出ないときがレースによって全く違います。開幕週で時計が出やすい、軽い馬場で時計が出やすい、ハイペースで時計が出やすいなど、同じ馬でも馬場やペースによって走破時計は変わります。

持ち時計が早くても、今回の条件だと走れないというパターンの場合は、その馬は軽視しますし、好時計を出したときと同じような条件で人気がないなら、買いのパターンはあると思います。

メインB_kp-1430.jpg

持ち時計の比較は大事なファクターの1つだと思います。

ただ難しいのはJRAは10個の競馬場があって、それぞれ形態が違います。別の競馬場で走っている場合は、同じ距離だとしても単純な持ち時計の比較は難しいです。良馬場、道悪でも違いますし、使えば使うほど馬場は荒れてきますから、内が伸びたり、外が伸びたりなど、細かい馬場状況によってもタイムは変わります。そう考えると、やはり持ち時計だけでの予想は困難だと思います。

ただ、それはそれで頭には入れておいた方がいい情報です。僕は色んなファクターから穴馬を見つけますが、そのファクターが無数にあります。一つだけを調べても必ず当たるわけではありません。これが陸上の100メートル走なら単純にベストタイムで予想が出来ると思うのですが、そういう意味でも、競馬の予想というのは非常に難しいものです。

プロや記者の人達が印を付けたり付けなかったりするのには、それなりの理由があってのことです。まずはそれを理解することが必要です。それでも、誰も印を打っていないような馬が来ることがあります。それを見つけられたとき、実際にその馬が馬券に絡んだときに最大の歓びを感じることができ、高配当の馬券を的中することが出来るでしょう。

今週のギャンブル格言【表面だけを見るな、深層を探れ! 】

読者の中には僕の予想が毎回のように当たると勘違いしている人もいるかもしれませんが、的中率は皆さんとさして変わらないと思います。むしろ皆さんより低いかもしれません。それでもリターンが大きい分、トータルでプラスにすることができます。自分の予想を信じて、仮に外れてもそれを続けてると良い結果が出る可能性はあります。

あなたが持ち時計に注目したのなら、それに特化してとことん調べたらいかがでしょう? 

例えば1つのレースのベストタイムだけではなく、デビュー戦から全戦のタイムはどうなのか? どういう馬場なら速いタイムを出せるのか? どういうペースなら早いタイムが出せるのか? 斤量が軽いときに早いタイムが出せるのか? どの競馬場が早いタイムが出せるのか? 休み明けがいいのか? 使いながら良くなっていくのか? 冬に走るのか? 夏が強いのか? どの騎手との相性がいいのか? どの距離なら早いタイムが出るのか? などなど。

タイムに関して誰にも負けないくらいの知識を手に入れたら、何か新しいものが見えてくることもあると思います。さらには、持ち時計以外にも予想の幅を広げることも必要かなと思います。相談者様の今後の的中を心より願っております。

☆じゃいさんに相談したい悩み事を募集します! ペンネーム・性別、相談に必要な情報(年齢や職業など)があればそれも明記し、以下アドレスまで相談内容をメールでお送りください。じゃいさんが「ギャンブル的思考」でアドバイスします!

【jay_sodan@shueisha.co.jp】まで!

プロフB_kp-1403.jpg

じゃい
1972年生まれ、神奈川県出身。97年にお笑いトリオ「インスタントジョンソン」を結成し、ネタ作りを担当。芸能界随一のギャンブラーとして知られ、過去には4432万円の馬券を的中させたことも。「稼ぐギャンブル」(太田出版)など著書も多数

構成・撮影/キンマサタカ

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?