ホリエモン×ひろゆき「コブクロの小渕さんは声のイップスの原因を自分で見つけ出していた」

ホリエモン×ひろゆき「コブクロの小渕さんは声のイップスの原因を自分で見つけ出していた」

「後天的にコミュ力をつけようとすると、かなりストレスがたまると思う」とホリエモン

"ホリエモン"こと堀江貴文氏と元「2ちゃんねる」管理人のひろゆき氏による『週刊プレイボーイ』の対談コラム「帰ってきた! なんかヘンだよね」。今回は、コミュ力と同じように大事なストレスをためない能力について語る。

* * *

ホリ 前回、前々回と、これからはコミュ力が大事だと言ったけど、後天的にコミュ力をつけようとすると、かなりストレスがたまると思うんだよ。へたをしたら体を壊してしまうかも。

ひろ ストレスは良くないですね。

ホリ そういえば、昔、ニコニコ生放送で活躍していて、今はユーチューバーになった「蛇足」っているじゃん?

ひろ あの歌い手の。

ホリ そう。その蛇足が3、4年前に歌が歌えなくなってしまったんだって。声帯は動くから機能障害ではないんだけど、精神的に歌えない状態になった。

プロゴルファーが、急に体に変な力が入って数十cmのパットが入らなくなるみたいなもので、「声のイップス」みたいな感じ。

ひろ 普通にできていたことができなくなるみたいな?

ホリ そう。それで「歌えないんです〜」って俺に連絡をしてきて、「コブクロの小渕(こぶち)健太郎さんを紹介してもらえませんか?」って言うの。

ひろ なんでコブクロ? 歌を習うみたいな?

ホリ いや、小渕さんも蛇足と同じような状況になったらしいのさ。そのためか、コブクロって2011年に一度活動を休止しているんだよ。

ひろ あ、そうなんですか。 

ホリ で、蛇足が自分の症状を調べていたら小渕さんの声が出なくなった状況と似てると知って、俺だったら知り合いなんじゃないか?と思って連絡してきたわけ。で、紹介してあげたの。

ひろ 解決はしたんですか?

ホリ 解決した。実は、小渕さんは声のイップスの原因を自分で見つけ出していたんだよ。

ひろ どうやったんですか?

ホリ いろんな医者に行きまくったけど、それでも原因がわからなかったから、自分でいろいろ調べていたら、声が出なくなった原因だと思われることがわかったんだって。

ひろ ほう。原因はなんだったんですか?

ホリ それは、自身に双子が生まれたこと。

ひろ え? 小渕さんに双子が生まれたせいで、声が出なくなった? なんで?

ホリ どうも、その双子が男の子と女の子で、ふたりを同時に抱っこヒモで抱きかかえていたら、男の子と女の子の成長に差があって、左右の腕の筋肉のバランスが崩れて、喉の筋肉のバランスまで崩れて声が出なくなったらしい。

ひろ それ男の子と女の子を逆に抱えればいいんじゃないですか?

ホリ いや、逆に持っても左右のバランスが崩れるからダメみたい。もちろん、5分間ずつ交代で抱けばよかったのかもしれないけど、そのときは、そんなのわからないし......。

★後編⇒ホリエモン×ひろゆき「ストレスをためないようにするのは、コミュ力を高めるのと同じくらい大事」

●堀江貴文(ほりえ・たかふみ)
1972年10月29日生まれ、福岡県出身。SNS株式会社オーナー兼従業員。近著に『あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる』(マガジンハウス)

●西村博之(にしむら・ひろゆき)
1976年11月16日生まれ、神奈川県出身。元『2ちゃんねる』管理人。近著に『自分は自分、バカはバカ。他人に振り回されない一人勝ちメンタル術』(SBクリエイティブ)

構成/杉原光徳 加藤純平 イラスト/西アズナブル

関連記事(外部サイト)