6月17日、待望のデビュー! SUV界の大物・トヨタ「新型ハリアー」大研究

男をたぎらせてきたトヨタの高級SUV。4代目となる新型のボディは全長4740mm×全幅1855mm×全高166mm

6月17日に販売を開始するトヨタのSUV、新型ハリアー。歴代モデルが男をギンギンにさせてきただけに、早くも話題沸騰中だ。ジャーナリストの渡辺陽一郎が濃厚解説する。

* * *

■早くも大人気の新型ハリアー!

――そもそも歴代ハリアーはどんなクルマなんスか?

渡辺 初代ハリアーは1997年にレクサスRXの国内仕様として登場し、2003年に2代目に刷新されています。この後05年に国内でもレクサスが開業し、09年には海外版ハリアーであるRXが国内で発売されるのですが、2代目ハリアーは継続して販売されました。

――継続販売されたワケは?

渡辺 国内でのハリアー人気が高く、トヨペット店の旗艦車種に成長していたのが大きい。そして13年には、国内向けの現行ハリアーを発売。国内市場を大切にするトヨタらしい取り組み方です。

――販売台数は?

渡辺 97年からの国内累計登録台数は67万1000台。単純計算すると月平均2500台の販売なので、高価格車としては好調です。19年の月平均も3021台で、SUVの人気車である日産エクストレイルと同等でした。

――人気の理由は?

渡辺 まず、半透明グリルを備えたフロントマスク、合成皮革を使いながら本革のように見せる内装など、見栄えの良さですね。最近のトヨタ車には以前と違って造りの粗い車種もありますが、ハリアーには昔ながらの上質感がしっかりあります。

チェックポイント1 質感の高さは国産最高レベル。プレミアムSUVらしく、室内空間の広さも圧巻

チェックポイント2 トヨタ車初となる走行中の前後の映像を録画可能とした「デジタルインナーミラー」を採用

――新型はぶっちゃけどんな進化を?

渡辺 新型ハリアーの正式発売は6月17日ですが、販売店では5月15日くらいから価格も公表して予約受注を行なっています。プラットフォームなどの基本部分はRAV4と共通で、エンジンは直列4気筒2リットル自然吸気と2.5リットルハイブリッドです。従来の2リットルターボは廃止されています。ボディサイズや室内の広さは従来型とほぼ同じです。

――注目点は?

渡辺 プラットフォームがRAV4と同じタイプに刷新され、走行安定性と乗り心地が向上します。主力グレードのWLTCモード燃費は、2WDの場合、ノーマルエンジンが15km/リットル、ハイブリッドは19km/リットル。従来型のJC08モード燃費を補正すると、新型は燃費を15〜20%改善しています。

安全装備も進化しており衝突被害軽減ブレーキは車両と歩行者に加えて自転車にも対応。後方の並走車両を知らせ、後退時のブレーキ制御も行ないます。内外装の質も高まり、突出した特長はないものの、より魅力が高まった印象です。

チェックポイント3 「新しい生活様式」で重要な換気を実現するパノラマルーフは、トヨタ車初の調光ガラスを採用

――価格はどうスか?

渡辺 最も安価な2リットルエンジンの2WD・Sは299万円に抑えています。ただしこれは輸入車に多い安さを訴求するグレードで、アダプティブハイビーム(ハイビーム状態を保ちながら、遮光を行なって対向車や先行車の眩惑(げんわく)を抑える装備。今は軽自動車も採用する)などが装着されず、正直、モニターの表示機能のレベルも下がる。オプションの選択肢も限られます。

――なるほど。

渡辺 売れ筋になるのは中級のGグレードです。2WD・Gの価格はノーマルエンジンが341万円、ハイブリッドは400万円。4WDの価格はノーマルエンジンでは2WDに比べて20万円高く、ハイブリッドは後輪がモーター駆動になって22万円上乗せされています。

――ユーザーの反応は?

渡辺 販売店によると、先代ハリアーからの乗り換えに加え、VW(フォルクスワーゲン)ゴルフなど輸入車ユーザーも多いとのこと。また、クラウンが新型になってからトランクスペースにゴルフバッグを積みにくくなり、ハリアーが注目されているという話も聞きました。

以前のハリアーはトヨペット店、クラウンはトヨタ店の扱い車種でしたが、5月1日からトヨタは全系列全車種併売を開始したので、今後はクラウンのユーザーがハリアーに乗り換えるパターンも増えるはずです。

――納期と値引きは?

渡辺 納期は長いです。5月中旬の注文でも、納車は8月上旬とか。仮に試乗が可能な6月下旬に契約すると、納車は10月頃になる可能性もあります。値引きは新型車なので少額ですが、下取り車があるなら売却額の上乗せを商談で詰めるべき。

地域によっては、販売系列の異なるディーラー間で、ハリアー同士の条件を競わせることも可能です。ローンの金利も店によって異なるので同じ条件で見積もりを取り、月々の返済額を比べて販売店を選ぶべきです。

トヨタ ハリアー 新世代の4気筒直噴ユニット「ダイナミックフォースエンジン」。2リットルの自然吸気と、2.5リットルのハイブリッドモデルを用意

取材・構成/渡辺陽一郎 撮影/本田雄士 写真協力/トヨタ自動車

関連記事(外部サイト)