細菌やウイルスに弱く20代や30代で肺炎にかかる人が増加 重症化する人も珍しくない

記事まとめ

  • 今の若い世代は細菌やウイルスに弱く、20代や30代で肺炎にかかる人が増えてきた
  • 過去の病気と思われがちな肺結核も低年齢化が進み、高齢者と若者とに2層化する傾向
  • 帯状疱疹は治療が遅れると若い世代も免疫力低下で激痛の可能性が高まるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております