神田沙也加の結婚で今どきな女のコたちが考える「やっぱり親に認められたい?」

神田沙也加の結婚で今どきな女のコたちが考える「やっぱり親に認められたい?」

いつも「好きなことをやりな」と親に言われ自由を謳歌しているという美咲ちゃん

神保町☆女子大生Cafe」第42回。現役女子大生(JD)たちが、旬で話題の流行りネタについて言いたい放題のから騒ぎしちゃいます!

女優の神田沙也加さんが俳優の村田充さんとの結婚を発表しました。5月13日には友人を集めた結婚披露パーティーが開かれたとのこと。このおめでたいニュースが流れた一方、母・松田聖子さんとの確執も話題になりましたね。

父親である神田正輝さんは、沙也加さんと村田さんとのスリーショットを披露し「初孫の顔が見たい」とコメントをしたものの、聖子さんからの祝福メッセージが報じられず…。様々な憶測も取り沙汰される中、「娘の邪魔はしたくないから」と考慮してとの噂もあります。真実は果たして…。

ということで今回のテーマは、「恋愛や結婚を親に認められたいか」。どのような事情であれ、結婚した時に親から祝福されなのはやはり寂しく感じてしまいますが、あくまで自分のしあわせは切り離して考えるべきもの? 今回の報道を踏まえて、JDたちの今どきな感覚は…。

「私は親に認められなくてもいいです。自分の人生だから自分が好きになった人と結婚したい。それに、親世代と私たち世代での恋愛における感覚もだいぶ変わってきています。今は、国際結婚や事実婚などをする人も多いので、昔に比べていろんな恋愛に挑戦できる時代になっていると思います」(由佳ちゃん・昭和女子大学3年・21歳)

「私は大切に育ててくれた両親に安心してほしいから、結婚を認められたい。今まで遊びや勉強など、いろいろできたのは親のおかげだと思っています。将来、このことを自分の子供にも胸を張って言いたいから、親に認められたいと思います」(理沙ちゃん・産業能率大学2年・20歳)

「親に認められるか認められないかは、人間性を大きく左右すると思います。私は恋愛でも、仕事や学業などでも親に認められたい。でも、高校や大学受験の時や何か新しいことを始める時も、普段の生活の中で親にあまりうるさく言われたことがありません。いつも『好きなことをやりな』と言われてきました。自由にさせてもらった分、何事も妥協せず、親に頑張りを認めてもらってきたので、結婚もそうだったらって」(美咲ちゃん・中央大学2年・20歳)

「私は親から認められたいです! しかし、すべてを認められたいわけではありません。親から認められたからといって、いいことがたくさん起こるということでもないし。学業を認められても、頑張ろうという気が起こるくらい。ただ、最低でも結婚は親に認められたいです。とりあえず、自分の人生を認められないまま過ごすのがイヤなので、認められるよう、できる努力をする必要はあるかなと思います」(美樹ちゃん・明治大学3年・22歳)

「学業面や普段の行動など何においても親に認められることはやっぱり嬉しいから、私は認められたい。恋愛面においても認められたいとは思うけど、最終的に決断するのは自分自身だと思う。だから、親の意見はあくまでも参考程度」(恵ちゃん・上智大学2年・19歳)

「学業については、親に褒(ほ)めてもらうことでモチベーションが上がるし、それによって自分にも利益があるから認めてもらいたいけど。恋愛とか結婚する時も親にちゃんと認めてもらって、祝福されたい。でも、どんな恋愛をするかは自分の責任だから、口を出さないでほしい」(成美ちゃん・上智大学3年・21歳)

「認められたいかどうかっていうと、やはり認められたいです。大学生の今は、完全に親に頼りきって生きているので、今後、社会に出て通用するのか、結婚相手はどのような人を選ぶのがいいのか…など不安がたくさん。どんな人生を選んだとしても、親に認めてもらえるような道を歩みたい」(愛ちゃん・大妻女子大学2年・19歳)

「恋愛も学業も親に認められたい! ただ恋愛に関しては、心配してくれるのもわかるけど、なるべく自分で決めたいです。学業は親に相談したりして進めていくのが理想。やっぱり親は大事な存在なので、一緒に決めていきたい。自分の進みたい道を親にも認められるのが一番いいかなと思います」(多恵ちゃん・大妻女子大学2年・20歳)

「親に認められたいかどうかは、あまり考えないです。例えば、学業だったら先生、仕事だったら会社に認められたらいいと思います。だけど、結婚だけは認められたい。親に反対されながら結婚生活は送りたくない! 認められるためには自分の意思や行動が大事だと思うのでこれから頑張ろうと思います」(紗羅ちゃん・大妻女子大学2年・19歳)

「親に認められなくても別にいいかな。実際に、私は親から認められるようなことをあまりしていないと思います。自分自身が十分に満足できる人生を送りたいと思っているので、その辺に関しては気にしません」(咲ちゃん・学習院大学2年・19歳)

「結婚は家族と家族との繋がりだから、親に認めてもらった相手と結ばれたいです。私のおばあちゃんは親が決めた相手と結婚したそうです。その代わり、自分の家族にもおじいちゃんの家族にもとても大切にしてもらっていたと言っていました。神田沙也加さんも松田聖子さんと、もしうまくいっていないならば、まずは認めてもらえるよう話し合うことが大切だと思います」(咲ちゃん・大妻女子大学2年・19歳)

やはり、認められたいけど、最終的な判断は自分に任せてほしいと思っているコが多い模様。意外と保守的で軋轢(あつれき)を好まない若者世代ではありますが、親にそこまで介入されるのも少々億劫だし、尊重され祝福される自分でありたいという理想の垣間見えます。

恋愛と結婚とも異なりますが、自己責任の上で信頼を得られるようありたいのが本音でしょうか。

(取材協力/株式会社KIRINZ)

関連記事(外部サイト)