『ONE PIECE』がハリウッドで実写ドラマ化! TVシリーズ史上、最高の制作費をかける!?

『ONE PIECE』がハリウッドで実写ドラマ化! TVシリーズ史上、最高の制作費をかける!?

7月21日に開催された『ONE PIECE』連載20周年記念記者発表会

7月21日、東京タワー内のテーマパーク「東京ワンピースタワー」にて『ONE PIECE』連載20周年記念記者発表会が開催された。

それに先だち『週刊少年ジャンプ ONE PIECE記念号』発売などを含めた「20大アニバーサリーキャンペーン」の一部が発表されていたが、今回は未発表だった4企画についての情報が明らかに!

会見がスタートすると『週刊少年ジャンプ』中野博之編集長に続いて、先日、結婚を発表したタレント・横澤夏子がサプライズ登壇! 現在、登場人物・サンジの結婚を絡めたエピソードを本編で連載中ということにちなんで、ウェディングドレス姿で登場した横澤だったが、中野編集長は彼女を見て「(登場人物の)プリンのようにキレイです」と絶賛。

また、結婚相手が『ONE PIECE』ファンだという横澤も「私が『作中キャラの誰に似てる?』って聞いたら『(男性キャラには見境なく求婚する)“求婚のローラ”だ』と言われました。これって喜んでいいんですか?」と記者に問いかけ、笑いを誘った。

















会見が本題の“4企画発表”に進むと、まず連載がスタートした7月22日が「ONE PIECEの日」として日本の記念日に認定されることが明らかに。日本記念日協会代表理事・加瀬清志氏が登壇し、中野編集長に記念日登録証を授与! 加瀬氏は「世界的なマンガの記念日ができたことを嬉しく思います」と述べた。

次に、『ONE PIECE』が『MORE』『non−no』の女性ファッション誌を含む、集英社が発行する28誌の表紙をジャックすることを発表。また、10月7日からは京都の様々な場所で、おなじみのキャラクターたちが京都の歴史とコラボする体験型イベント『ONE PIECE 20th×KYOTO 京都麦わら道中記〜もうひとつのワノ国〜』を開催することも明らかになった。詳細は後日、週刊少年ジャンプ本誌や20周年記念サイトにて発表されるそうなので、続報を待ちたい。

そして最後の発表は、なんと『ONE PIECE』のハリウッド実写ドラマ化! 制作は、あの人気海外ドラマ『プリズン・ブレイク』プロデューサーのマーティ・アデルスタイン率いる「TOMORROW STUDIOS」が担当するとのこと!

中野編集長は「この20年の間、実写化の話は何度もきていた。今回、企画が成立したのは、原作ファンを裏切らないクオリティが確保できると感じたから」と話し、原作者・尾田栄一郎先生の直筆メッセージを公開。そこにも実写化の条件として「20年間、作品を支えてくれているファンを絶対に裏切らないこと」が挙げられていた。

また、アデルスタイン氏も「TVシリーズ史上、最高の制作費をかける」とコメントしており、潤沢な予算とスタッフ陣容が今回の実写化の決め手となったことが見受けられた。尾田先生の「不安の声もあるでしょうが、どうか期待の声をください」というコメントのように、ファンは期待を膨らませたいもの!

さらに、会見後に行なわれた囲み取材では、中野編集長が「(話数について)まだ発表できる段階ではないが、話の尺を考えた上で、映画化よりドラマ化を選ぶ形になった」とコメント。7月24日発売の『週刊少年ジャンプ』34号で874話を迎える長編作品なだけに、どのエピソードがどのように実写化されるのかが楽しみのカギとなりそうだ。ちなみに、放送開始時期や国内外での配信方法などはまだ未定とのこと…。

1997年の連載開始から、これまで日本のマンガ界を引っ張ってきた『ONE PIECE』。実写化も含めたこの20周年キャンペーンを新たな船出として、さらに勢いを増すことは間違いない! 詳しい情報を心待ちにチェックする必要があるようだ。

(取材・文/アオキユウ[short cut] 写真提供/週刊少年ジャンプ)

関連記事(外部サイト)