「誤診がん」と診断され、無駄な手術や投薬による副作用や後遺症に苦しむ人も

記事まとめ

  • がんと診断され闘病生活を続けた数年後、「本当はがんではありませんでした」と誤診も
  • その後は悲惨といい、必要のない手術で排便障害になった男性は病院を提訴している
  • 誤診を防ぐためにはどちらの宣告も「100%ではない」という前提を持つ必要があるよう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております