「誤診がん」と診断されればその後は悲惨な人生、裁判沙汰も

「誤診がん」と診断され、無駄な手術や投薬による副作用や後遺症に苦しむ人も

記事まとめ

  • がんと診断され闘病生活を続けた数年後、「本当はがんではありませんでした」と誤診も
  • その後は悲惨といい、必要のない手術で排便障害になった男性は病院を提訴している
  • 誤診を防ぐためにはどちらの宣告も「100%ではない」という前提を持つ必要があるよう

「誤診がん」と診断されればその後は悲惨な人生、裁判沙汰も

「誤診がん」と診断されればその後は悲惨な人生、裁判沙汰も

見落としと「誤診がん」は表裏一体

 がんと診断され、闘病生活を続けた数年後、突然病院から「本当はがんではありませんでした」と告げられたら何を思うか。

 がんの不安が消えたことでその瞬間は安堵するかもしれない。だがその後に残るのは、無駄な手術や投薬による副作用や後遺症だけ──そんな悲惨な“誤診”の被害者が、実は少なくないという。

 がんの罹患率が全国平均より高い青森県が県内10町村で2011年度にがん検診者を対象に実施した調査によると、胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸がんの検診を受診した計2万1316人のうち、1720人ががんでないのに「要精密検査」と判定されていた。受診者の12人に1人(約8%)が偽陽性の判定を受けていたことになる。

 がん検診から精密検査へと幾重にも続く検査の網を経ても“誤診がん”と診断されてしまうと、その後は悲惨である。

 2007年に新潟大学医歯学総合病院は、60代の男性を前立腺がんと誤診し、2年間にわたって不要な放射線治療やホルモン療法を行なっていたことを明らかにした。研修医ががんと診断し、その後、専門医が悪性腫瘍ではないと診断してカルテを訂正したが、主治医は訂正に気づかなかったという。

 石川県の公立能登総合病院と金沢大学附属病院でも、似たような事件が起きている。80代の男性が尿路上皮がんと診断され、2009年8月に膀胱の摘出手術を受けたが、術後の病理診断でがん細胞は見つからなかった。

 男性は必要のない手術で排便障害になったとして、病院を提訴している。一方の病院側は、「誤診ではなく、過失はない」「手術前に化学療法をしたので、がんが消えていても不思議はない」と反論している。

 2015年には北海道の総合病院で胃がんと診断された患者が胃の5分の4を切除した。その後患者の切除部分を病理医が検査したところ、がんが発見されなかった。

 そうした事態を少しでも遠ざけるために、患者側は何ができるのだろうか。自治医科大学附属病院の病理診断部長・福嶋敬宜氏はこういう。

「がん告知を受けたものの、疑問を感じた場合は、まず診断根拠についての説明を聞くことです。『病理診断書』を見せてもらいましょう。それでも納得できない場合は、その病理診断書のコピーをもらって、別の病院にセカンドオピニオンを求めるのも選択肢の一つです」

 近畿大学医学部附属病院・臨床研究センター講師で病理専門医の榎木英介氏は、誤診の1つの要因になるのが病理医に患者の情報が伝わっていないケースだという。

「その患者の既往歴や臨床記録などを病理医が把握できていれば、良性か悪性かの正しい判断を下すうえで大きな助けとなります。しかし、現実には検体だけが送られてきて、他の情報は一切ないというケースが少なくない。

 病理医レベルで誤診が起きる一番の理由は、担当医とのコミュニケーション不足だと思います。病理検査が必要だと知らされた時は、それらの情報を病理医にも伝えてもらうよう患者さんから担当医に頼むのも誤診を防ぐ方法だと言えるでしょう」

 医療技術が進歩した今でもがんは死に直結する病気だ。「あなたはがんではありません」と告げられれば安心し、「がんが見つかりました」と言われれば不安になる。しかし、どちらの宣告も「100%ではない」という前提を持つ必要がありそうだ。

※週刊ポスト2018年6月1日号

関連記事(外部サイト)