低温流通システム整備によりアニサキス食中毒が増加した皮肉

低温流通システム整備によりアニサキス食中毒が増加した皮肉

アニサキスは肉眼でも確認できる(厚労省HPより)

 近年、やたらと耳にするアニサキスという寄生虫による食中毒。今年は4月末までの時点で61件も発生しており、過去最悪のペースだという。

 アニサキスといえばサバという印象が強いが、今が旬の初ガツオや、アジ、イワシ、サンマといった身近な青魚にも寄生している可能性があるという。どんな虫なのか。愛知医科大学客員教授・伊藤誠氏が解説する。

「アニサキスは、そもそもクジラの寄生虫です。アニサキスの卵がクジラの糞とともに海中に出ると、それをプランクトンなどが食べ、それをまた小魚が食べるというように移っていき、その過程で幼虫となります。サバやカツオは小魚をたくさん食べるので、アニサキスが寄生しやすい。魚を介して人間の体内に入ると、今度は胃や腸から体の他部位に侵入しようとするのです」

 激しい痛みや嘔吐などの症状を招くのはそのときだ。

「アニサキスが侵入しようとするときに出す分泌液がアレルギー反応を引き起こすので、全身に蕁麻疹が出る人もいます」(同前)

 魚のなかでも、特に内臓に近い部位に付着しやすいという。寄生虫学が専門の宮崎大学医学部教授・丸山治彦氏が注意を促す。

「アニサキスはもともと魚の内臓の表面に付着していて、魚が死ぬと内臓から身の方に移動していく性質を持っているので、内臓に近い部位ほど危険性が高いのです。腹に近い、脂の乗っている部位が要注意です」

 この危険な寄生虫による被害が近年急増している背景には、アニサキスによる被害の認知が広まって申告者が増えたことが前提としてあるが、他に意外な事情もある。

「アニサキスは本来、マイナス20℃で24時間冷凍されれば死滅します。ところが近年は冷凍しなくても輸送できる低温流通システムが整備されたことで、かつては冷凍しないと出荷できなかった魚を生食できるようになりました。それに伴い、一旦冷凍された魚よりも、冷蔵状態で運ばれた魚を好む人が増えた。そのことが、アニサキスによる食中毒が増えている一因になっています」(東京都福祉保健局担当者)

 皮肉なことに、魚の鮮度が保たれているほどアニサキスにとっても“生き延びやすい環境”になっているということだ。

※週刊ポスト2018年6月8日号

関連記事(外部サイト)