心血管疾患予防と治療薬開発につながる「腸内細菌」の研究

心血管疾患予防と治療薬開発につながる「腸内細菌」の研究

腸内細菌研究最前線を紹介

 ヒトの腸内細菌は1000種類以上といわれ、100兆個ほどが大腸内に生息している。腸内細菌叢はバクテロイデス、ファーミキュテス、アクチノバクテリア、プロテオバクテリアの4グループに大別され、それに属する複数の細菌で全体の98%以上を占める。

 近年、腸内細菌について世界的に注目が高まったのは、ワシントン大学のゴードン教授が発表した肥満と腸内細菌の関係に関する研究だ。一卵性双生児の肥満の方の便を無菌マウスに移植したところ、体重と脂肪が増えたが、もう1人の痩せている方の便を移植しても変化がなかった。この結果、肥満と腸内細菌に関係がありそうだとわかった。

 神戸大学大学院医学研究科内科学講座循環器内科学分野平田健一教授に話を聞いた。

「近年、腸内細菌の遺伝子解析の技術が進歩し、病気の人の腸内細菌叢のパターンがわかるようになり、腸内細菌と病気に関する研究が世界的に広がっています。動脈硬化など心血管疾患に関しても、腸内細菌との関連が予想され、研究を始めました」

 動脈硬化は血管の内皮細胞が慢性炎症で障害されて進行する。この慢性炎症には腸の免疫が大きくかかわっている。神戸大学では、附属病院に入院している冠動脈疾患群39例、糖尿病や高血圧など心血管リスクを持つコントロール群30例、健常者50例の便の提供を受け、腸内細菌の比較を行なった。結果、健常者群では腸内の善玉菌のバクテロイデス属菌が多かった。対して冠動脈疾患群では、バクテロイデス属菌が少なく、悪玉のファーミキュテス門のラクトバチルス目の細菌が増加していることがわかった。

 特定の腸内細菌の関与について調べるため、動脈硬化モデルのマウスにバクテロイデス属の2種類の腸内細菌を週5日、10週間投与する動物実験を行なった。すると炎症が抑えられ、動脈硬化の進行が抑制された。その上、血中のサイトカイン類の濃度も低下したのである。

「腸内細菌が動脈硬化を進展させる作用として、3つの理由が考えられます。1つ目は腸内細菌や死んだ細菌が腸から血管に流れ、体内で炎症を起こすというもの。2つ目が腸内細菌が短鎖脂肪酸など様々な物質を作り、それが体内に吸収され、動脈硬化が進むのではないかというもの。そして、3つ目は腸内細菌自身が宿主である人の制御性T細胞などの免疫細胞をコントロールし、炎症を調整していることです」(平田教授)

 心筋梗塞患者はトリメチルアミン(TMA)という物質が増加する。この物質は肉や卵を食べたときに腸内細菌が作用して産生されるもので、肝臓で代謝され、TMAになり、心筋梗塞などの原因となる。これら腸内細菌の様々な研究の成果は、心血管疾患などの予防と治療薬開発につながっていく。

●取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2018年8月17・24日号

関連記事(外部サイト)