石原良純氏と森田正光氏が教える天気予報の正しい見方

石原良純氏と森田正光氏が教える天気予報の正しい見方

「災害から身を守るためにも、気象にもっと興味を持って」と森田さん(撮影/田中智久)

 今年の夏はとにかく暑い! 台風も次々と日本列島を襲い、天気予報が気になる夏を迎えている。そこで、お天気キャスターの森田正光さん(68才)と俳優で気象予報士の石原良純さん(56才)に天気予報を見るためのコツを聞いた。

森田:よく「降水確率が何%以上なら傘を持っていくんですか?」って聞かれるけど、ぼくは実は降水確率はあまり見ない。出かける時点で降っていれば持っていくけれど、そうでなければ持ちません。

石原:それ、わかる! 都会なら逃げるところはたくさんあるし、そもそも自分で空をときどきチェックした方が、よっぽど濡れずにすみますよね。一般の人でも「あの雲はヤバそうだ」とか、わかると思うのだけれどな。

森田:私たちみたいに何万枚も天気図を見てると、パッと見ただけで、“表情”がわかる。天気図が怖い顔してるとか、笑ってるとか。

石原:よくわかります。習慣みたいなもので、毎日見ていれば誰しも身につくと思うのですよ。それなのに、最近のテレビの天気予報では天気図が省略されることが多くて。

森田:災害から身を守るためにも、気象にもっと興味を持ってほしい。

石原:今の人は、みんな人任せ、機械任せすぎる。ぼくはカーナビも信用しません。よっぽどぼくの方が道を知ってる! 天気予報も自分の頭で考えつつ、使ってほしい。そうしないと、災害時に逃げ遅れることだって想像できる。

森田:西日本豪雨のときも、事前に警報や避難指示が出ていた。でも、なぜかみんな「たいしたことないはず」「まあ大丈夫だろう」と考えて、動いてくれないんですよね。

石原:たしかに、夜9時に急に森田さんがウチのドアをドンドン叩いて「これから大雨で洪水になるから逃げろ!」って言っても、「え? もう風呂入ってビール飲んじゃってるしパジャマだし…。しかもまだ雨も降ってないじゃない」って渋ってしまいそう。これがおじいちゃんおばあちゃんなら、ますます難しいかもしれません。

森田:そうこうしているうちに大雨が降り出し、あっという間に2階まで水が押し寄せ…。

石原:うーん、難しいですね。

森田:せめて国交省など行政が出しているハザードマップは確認してほしい。せっかくある情報をどう生かすか、一人ひとり考える機会にしてほしいと思います。

石原:死んじゃったら何も意味ないですからね。

森田:お互い健康に長生きしたいよね。

石原:森田さん、猛暑の中で半身浴するんでしょう? それ、本当に気をつけてくださいよ! 新聞の見出しに「森田さん、お風呂で熱中症!」って書かれないように!

※女性セブン2018年8月23・30日号

関連記事(外部サイト)