東京の絶品「焼き鳥店」4選 手仕込み大串、7大ご当地串など

東京の絶品「焼き鳥店」4選 手仕込み大串、7大ご当地串など

渋谷の名店「鳥竹」(撮影/岩本 朗)

 煙の中から旨い香りが立ち上がる「焼き鳥」──。全国には地元で長年愛される老舗の焼き鳥店から、若者に人気のオシャレな店まで様々あるが、今回は東京で絶品の焼き鳥が味わえる4店を紹介しよう。

●鳥竹 二丁目店(東京・渋谷)

 昭和38(1963)年創業の繁盛店『鳥竹』。渋谷・道玄坂に店を構える総本店が、今年6月に2号店を開業。総本店と変わらない流儀で56年続く焼き鳥の味を届ける。

「うなぎ串」と呼ばれる太めの竹串に国産の新鮮な丸鶏からさばいた肉・内臓が刺さり、一串のサイズが大きいのが特徴。

 鶏の尾骨に近い部位の「ボンボチ」(378円)は、元は三角に近い形の肉からピンセットで骨を一つひとつ外し、包丁を入れ平らにしている。こうすることで肉の厚さが均一になってムラなく火が通り、脂の味わいを保ったまま柔らかい食感が残る。

 人気のつくね(346円)は注文後に生のタネから焼くなど、すべての串に手仕事が行き届き、あれもこれも頼みたくなる美味しさだ。

【鳥竹 二丁目店】東京都渋谷区道玄坂2‐6‐3
・12時~22時半(L.O.)/休みはお盆、年末年始に5日間ずつ

●やきとりスタジアム東京(東京・有楽町)

「焼き鳥」ではなく「やきとり」と書く。その理由は、「やきとり」と呼ばれる串料理が、地方によっては鶏肉ではなく豚肉を使うからだ。

 今年6月に新装開店した『やきとりスタジアム東京』では、北は北海道・美唄から南は福岡・久留米まで、各道県精鋭7店の味でご当地やきとりを食べ比べることができる。

 たとえば山口・長門では、黒かしわの手羽元(410円)を塩・胡椒で味付けし、好みでガーリックパウダーを追加する。一方、埼玉・東松山は豚かしら(302円)に味噌ダレを付けて食べるスタイルだ。

 注文した串は保温用の卓上七輪に置かれ、最後まで温かいまま楽しめるのも心にくい。各地の味の競演を旅行気分で楽しみたい。

【やきとりスタジアム東京】東京都千代田区有楽町2-3-5 aune有楽町5F
・16時~23時/休みは不定休 ※テーブルチャージ500円

●Yakitori Brochette 神楽坂(東京・神楽坂)

 フランス語で「串」を意味する『ブロシェット』は、東京・銀座の老舗『鳥繁』の三代目として生まれた店主が、神楽坂で「パリにある焼き鳥屋」をイメージして作った意欲店だ。

 鶏の産地は部位ごとに様々で、肉の温度を2度から3度に保ち新鮮なまま串打ちし、備長炭で焼き上げる。塩には特にこだわり、海塩を店で炒って手を加えたものを使用しているという。

 合わせる酒はワインを多く揃え、タレの旨みや塩の繊細な味加減を引き立てる赤・白各種が充実。フランス人スタッフが多く在籍しているので、「焼き鳥をフランス語で注文できる店」としても評判だ。

 決して気取りすぎておらず、焼き鳥店の親しみやすさをしっかりと残し、リラックスして食事ができる。

【Yakitori Brochette 神楽坂】東京都新宿区神楽坂6-8
・月~金18時~23時、土・日・祝:16時~22時半(L.O.)/休みなし(大晦日・元日除く)※お通し代300円

●酉たか(東京・二子玉川)

 7本から選べる串コース(2138円)を季節野菜と共に楽しんだあとに、好きな部位の串を追加注文できる。未成熟卵と卵管を一つにした「ちょうちん」は濃厚な黄身がとろりと広がる大人気の一串だ。

 店には常時30種ほどの希少部位が揃い、股関節の付け根付近からわずかに取れる「ソリレース」など、鶏の知られざる味を堪能できる。どれも下ごしらえが難しい部位ばかりだが、名店『酉玉 神楽坂店』で修業した職人たちの技と創意工夫が結集し、2017年にはミシュラン・ビブグルマン店として選出された。

 また串により味付けを変えているため、様々な表情の焼き鳥と出会える。「みさき」とは雌鶏の尾先のことで、良質な脂身にさっと一塗りしたガーリックバターの風味が香る逸品だ。他にも「背肝」はバルサミコ酢を基調としたタレ、「ひざがしら」にはシンプルに生醤油のみなど、基本のタレ・塩以外でその部位の美味しさを引き出す食べ方を提案してくれる。

 食す際にお好みで付ける自家製辛味噌や醤、しょうがパウダーなども隠れた名脇役なので、ぜひ試したい。

【酉たか】東京都世田谷区玉川3-21-21 ハイムカワベ1F
・月~金:17時~22時半(L.O.)、土・日・祝:16時~22時半(L.O.)/休みなし ※お通し代540円

※週刊ポスト2018年8月31日号

関連記事(外部サイト)