不倫に変化 探偵社への男性相談者が4倍に、開き直りも増加

不倫に変化 探偵社への男性相談者が4倍に、開き直りも増加

不倫、男性の相談者が1割→4割へ急上昇(写真/アフロ)

 時代が変われば、不倫の事情も変わる。不倫調査やその後の無料カウンセリングなど“アフターフォロー”も行う探偵事務所「MR」の岡田真弓社長が語る。

「昔と今のとりわけ大きな変化は、女性の不倫が増えたことです。男性の相談者は、この20年弱でおよそ1割から4割に急増しました。女性の社会進出はもちろん、ネットやスマホの普及で『私は不倫している』『私も仕方ないよね』と、これまで秘められていた不倫事情が堂々と語られるようになり、不倫に対する罪悪感が激減したことが大きく影響しています」(以下、「」内はすべて岡田さん)

 アンチエイジングが進み、40代、50代になっても美しくいられる女性たちは、積極的に色恋に走るようになった。女性が肉食化する一方、男性の“甲斐性”は姿を消しつつある。

「昔の男の人は愛人を大事にすればするほど、同じように家庭も大事にしようとしました。でも、今は不倫すると愛人しか目に入らなくなり、家のことは放置する男性が増えました。“妻とは離婚して、愛人と再婚しよう”という考えが主流になりつつあります」

 男性の変化により、夫に不倫される立場にある妻の身の処し方も変わらざるを得ない。

「夫が浮気していることに薄々気づきながら、とりあえず子供を産んで一緒に家庭で育てていけば、何かが変わるのではないかと期待する妻はいまだにいます。でも現在は、“待っていれば、いつか私のところに戻って来る”という時代ではないことも理解しなければなりません。倫理観や建前よりも、その場の快楽が重視されるようになり、放っておいたら夫は愛人一辺倒で、妻が申し立てるまで延々と不貞が続きます」

 一昔前まで、不倫相手の女性に証拠を突きつければ、「申し訳ありません」と頭を垂れたものだ。

「ところが今は、動かぬ証拠を突きつけても『浮気? 何が?』と強気に出て、すぐに弁護士を立ててきます。知識だけは豊富で、開き直って言い逃れを繰り返すんです」

 開き直りには典型的なパターンがある。

「1つは、『相手が結婚していることを知らなかった』とアピールして、慰謝料を取られないようにすること。『夫婦関係はすでに破綻していて、奥さんとは離婚すると聞いていた』と主張して、『私は騙されたから、逆に慰謝料を請求します』というパターンもあります。いずれも、“奥さんに悪いことをした”との気持ちは感じられません」

 だが岡田さんは、夫の不倫が発覚した時は、一度立ち止まって頭を冷やすことをすすめる。

「怒りは当然ですが、感情的に『離婚だ!』となるのではなく、“なぜそうなったか”を冷静に考える必要があります。たとえ不倫の確たる証拠を手にしても、慰謝料請求が可能な3年間はじっくりと夫との関係を見つめ直してほしい。それ以上に、人間には“知りたい”という欲求があります。愛人は何才でどんな容姿なのか、どこでどれぐらい会っていたのか、どんな表情でどんな会話をしたのか、どんなセックスをしたのか。それを知らないままで、離婚をしても、やり直しをしても、ずっとモヤモヤを抱いたまま生きていくことになります」

 岡田さんは、夫婦関係をやり直したいと願う女性たちに「まずは自分を変えること」を求める。

「“やっぱり不倫相手より妻の方がいい”と思ってもらえるように、まずは心を改めてもらいます。それからこれまでを振り返り、デートやコミュニケーションの仕方、服装や下着、髪形からセックスまで、あらゆる面で自分を顧みてもらう。部屋の模様替えをしたり、共働きの場合は早めに帰るなどの行動も必要です。それは何も、夫に媚びることではありません」

 岡田さんは、夫にも不貞を謝らせて、不倫相手と完全に別れさせることも、相手が会社の同僚だったら、夫に仕事を辞めさせることもあるという。

「何より大切なのは、夫婦がお互いに足りなかったところを自覚して、今後のために腹を割って話し合うこと。これはすごく時間がかかる作業ですが、根気強く続けてほしい。傷ついた関係を夫婦が出会った頃のようによみがえらせるには、この方法しかありません」

※女性セブン2018年9月13日号

関連記事(外部サイト)