認知症の進行を抑える可能性 「レモンマスク」の効用

認知症の進行を抑える可能性 「レモンマスク」の効用

「レモンマスク」の作り方

 日常のちょっとした変化が重大な疾患の兆候になっていることは少なくない。嗅覚機能が低下する「嗅覚障害」もその1つ。近年の研究では、認知症の初期症状はまず「匂い」に表れると指摘されている。たとえば、腐った食べ物の臭いが分からなかったり、ガス漏れに気付かなかったりする場合は様々なトラブルを招きかねない。しかし、危険性がある一方で、新たな“可能性”も生まれてくる。星薬科大学先端生命科学研究所特任教授の塩田清二氏は言う。

「認知症の初期症状として嗅覚障害が生じるということは、逆に考えれば、脳が匂いの情報を常にキャッチできるようトレーニングすれば、認知症の進行を抑えられる可能性があるということです」(塩田氏)

 香りの刺激で脳の神経細胞の血流を増加させることで、脳が活性化するという考え方だ。そこで塩田氏が注目したのが「お香(アロマ)」だ。

「グレープフルーツやレモングラスなど柑橘系のアロマを嗅ぐと、交感神経が刺激されて脳血管が拡張し、大脳皮質の前頭葉の内側領域の血流が増えます。実際に認知症患者で調査したところ、柑橘系の香りを1日2時間連続して嗅ぐと、患者の精神症状や不眠などの認知症の周辺症状が緩和されました」(塩田氏)

 手軽に実践するには「アロママスク」の使用が効果的だ。

「レモングラスやグレープフルーツなどの天然アロマ成分を染み込ませたガーゼをマスクの内側に入れ、1日2時間ほど着用すると無理なく脳を刺激できます。アロマオイルなどがない場合は、レモンの皮を絞った液を染みこませたガーゼでもいいでしょう。果実よりも皮の方に匂いの成分が多く含まれているので、皮にすると良い。自宅にいる時は柑橘系のアロマディフューザー(香炉)などを使って嗅ぐことも有効です」(塩田氏)

 日々の暮らしの中で、常に匂いを意識することも心がけたい。

「朝食時にはパンの焼ける匂いとコーヒーの香りを嗅ぎ、和食ならご飯とみそ汁の匂いを意識して脳を刺激することを心がける。“嗅ごうとすること”で、嗅覚機能が維持される可能性があります」(塩田氏)

「芳香」は心地良いだけでなく、豊かな余生を過ごせるかどうかの鍵になる。

※週刊ポスト2018年9月17日号

関連記事(外部サイト)