再発率の高い2cm以上の肺がんに放射線治療+凍結治療併用

再発率の高い2cm以上の肺がんに放射線治療+凍結治療併用

肺がんは再発率が高い

 肺がんの標準治療は手術だが、手術が難しい患者や希望しない人に対する選択肢として局所麻酔で行なう凍結治療がある。CT室で体外から、がんに直接針を刺し、凍結させる治療で、1センチ以下の早期肺がんの場合、再発率はほぼ0%。しかし、2~3センチでは再発率が上がるため考案されたのが、放射線の定位照射と凍結療法の併用治療である。現時点での再発率は5%以下だ。

 人間ドックでの肺のCT検査の普及に伴い、数ミリから1センチ程度の超早期の肺がんが発見されるケースが多くなっている。肺がんの標準治療は手術だが、高齢や合併症などで手術が難しい患者や手術を望まない患者に対しては、低侵襲な治療が求められていた。

 近年、早期がんの場合は放射線の体幹部定位照射(SBRT)が保険で広く行なわれるようになっている。しかしながら、肺がんにおける放射線照射は1年ほど経過すると肺の広範囲で繊維化を生じ、肺機能が7~8%ほど低下する。そこで肺機能低下が少ない治療法として期待されているのが凍結治療だ。

 亀田総合病院(千葉県鴨川市)の呼吸器外科顧問の野守裕明医師に話を聞いた。

「凍結治療は局所麻酔で、CTの画像を見ながら、凍結針を皮膚から肺がんの中心部に刺します。液体窒素で針の温度をマイナス170℃に下げ、がんと、その周囲を凍らせることにより、がん細胞を死滅させます。凍結できる範囲は直径5センチ程度、適応は約3センチまでのがんです。1センチ以下の肺がんであれば、ほぼ100%再発はありません」

 治療は凍結針を刺し、液体窒素で針の周囲を約10分間かけて凍結させる。その後、液体窒素の注入を止め、約10分間かけて解凍する。これを3回繰り返すことで、がんが死滅する。治療時間は1時間半、凍結した部位は約6か月かけて徐々に縮小していく。その過程で肺機能がほとんど低下しないことも、この治療のメリットだ。ただし、心臓に近い部分や太い気管支の根元のがんには実施できない。

 凍結治療では2~3センチの肺がんの再発率は約40%となる。これらの大きさのがんに対する治療として野守医師が中心となり、世界で唯一実施しているのが、放射線の定位照射(ピンポイント照射)と凍結治療の併用である。

 治療は放射線を最初に照射し、2~3週間ほどして凍結治療を行なう。理由は最初に凍結を行なうと、がんの部分が低酸素となり、放射線が無効になるからだ。さらに放射線照射後1か月以上経過すると繊維化が進行するため、がんの位置がわからなくなって凍結できなくなる。以上の理由で、定位照射を5日間実施し、治療後3週間以内に凍結治療を始める。

「現在まで放射線と凍結併用治療を62例に実施しましたが、局所の再発は2例だけです。従来は放射線治療後の凍結治療は禁忌とされていました。放射線性肺炎のリスクが高くなるから、というのが理由でしたが、実際には放射線単独と凍結治療併用の間で肺炎発生率に差はありませんでした」(野守医師)

 凍結治療は原発性肺がんだけでなく、転移性肺がんにも治療可能だ。凍結治療は自費診療で治療費が70万円ほどかかり、別途5日間の入院費用などが必要となる。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2018年9月14日号

関連記事(外部サイト)