34万円のサマーキャンプの効果 子供は別人のように変化

34万円のサマーキャンプの効果 子供は別人のように変化

火をおこそうと必死にきりもみを続ける子供たち(撮影/崎山隆一郎)

 毎年夏休みに、総勢21名の子供たちが30泊31日のキャンプを行う「夏のガキ大将の森キャンプ」。野営、自炊がメインで34万円という費用にもかかわらず、例年キャンセル待ち続出で、4人きょうだい全員を順番に参加させるケースも。1日1万円以上払ってでも、子供のキャンプ参加を親たちに踏み切らせるものは何か。21名のガキ大将予備軍を追った。

 栃木県芳賀郡茂木町にある本田技研工業が所有する「ツインリンクもてぎ」の一画に、森の自然体験プログラム各種を主宰する「ハローウッズ」がある。7月26日、ここに小学4年生から中学1年生の男女計21名が大きなリュックを背負って集結。30泊31日の「夏のガキ大将の森キャンプ」の参加者だ。

◆子供から“危険”を奪ってはいけない

 夏の森キャンプは現在、21名を定員として、7人ずつ3チームを編成。それぞれに年齢と経験で班長と副班長を決め、1か月のキャンプ生活を協力して行う。また、各チームに1人ずつハローウッズのサポートスタッフが付く。

 今年は「矛盾」「アドベンチャーガエル」「NO.1」の3チーム。初日に子供たち全員にシース(鞘)式ステンレス・ナイフがプレゼントされ、これで宿題をする鉛筆を削ったり(キャンプ中に、宿題をすべて終わらせる約束になっている)、あじを三枚におろしたり。

 食事の支度も子供たちで行う。森から小枝を集めての飯盒炊爨(すいさん)や、キャンプ後半には、徒歩でしか入れない深い森での“サバイバルキャンプ(3泊4日)”に向けて、きりもみ式による火おこし体験もある。キャンプ本番では、火がおこせなかったチームはご飯抜きというシビアさだ。

「『このままではご飯が本当に食べられない』という危機感、これが大事なんです。そこから本気で頑張るようになって、最後は執念。これまでかつて、最終的に火がおこせなかった例はありません。人間、死にもの狂いになれば何だってできる。それを実感してもらうための“サバイバル”なんです」(ハローウッズ森のプロデューサー・崎野隆一郎さん)

 火や刃物を子供に扱わせることは危険が伴う。しかし、危険だからと遠ざけることは、必ずしも子供のためにならないと崎野さんは言う。

「崖の上のウッドデッキに手すりがないのも同じ発想です。安全上の問題を問う声もありますが、子供たちはちゃんと『ここから落ちたら危ない』と認識し、縁から落ちないよう注意することを覚えます」

◆帰りたいけど、34万円を無駄にできない

「今年は、暴れる子もいないし、デキる子が多い。ちょっとつまらないなあ」

 炎天下、ホンダならではのバイク講習とオフロード走行プログラムに夢中で取り組む子供たちに「大丈夫か?」「水飲めよ」と声をかけながら笑う崎野さん。

 数日後に迫ったサバイバルキャンプ(3泊4日で行い、チームで協力して、きりもみ式で火種を生み、焚火に育てる。火をおこせなかったらチーム全員食事抜きが掟)も、子供たちは連日、火おこしの練習を重ねていたし、少なくとも1チームは火をおこせないだろうが、最終的には何とかなると踏んでいた。

 それよりも心配だったのは台風。実際に強風と雨で、キャンプ地への出発は1日遅れた。そして初日に火おこしに成功したチームはゼロ。全滅である。だが、全チームご飯抜きは想定外だったものの、まだ崎野さんに焦りはない。翌朝の頑張りを約束して、子供たちを就寝させた。

 ところが、翌日も、翌々日も、キャンプから煙が上がることはなかった。前代未聞の全員5食抜きである。

 しかも子供たちは、執念を見せるどころか、チームはバラバラ、やる気を喪失して、崎野さんの「バカヤロウ」にも反応しなくなっていった。子供たち同様、崎野さんも水と栄養補助ゼリーしか口にしていなかったが、子供たちと火おこしの手順をおさらいしつつ、心の片隅で「こんなのやってらんない!」と、反旗が翻ることを期待してもいた。

 だが、子供たちはどんどん自分の殻にこもっていく。声にならないなら、文字で心に渦巻いているものを吐き出させよう…。崎野さんは、作文を命じた。

 すると、「くやしい。手が痛い。でもどうしても火が付かない」「家に帰りたいけど、34万円を無駄にはできない」などの記述とともに、森の漆黒の闇に自分の心の“闇”を重ねるかのような自責の詩、チーム内での不和や孤立感を訴える痛切な言葉が、堰を切ったように溢れ出てきた。食べたいものだけを126品書き並べた子もいた。

◆17年目にして初めて掟を破ることを決意

 崎野さんは一人ひとり、全員の前で作文を読み上げさせ、キャンプ始動から17年目にして初めて、火おこしなしで食事をさせることを決心した。五分がゆと梅干し、出発前に各自準備したみそ玉だった。

 食後に再び火おこしに挑戦。チーム一丸となった“執念”が、3チームすべてに炎をもたらした。その夜は3泊分のおかずだった即席麺、缶詰、レトルトの牛丼などを放出、3日目にしてようやく、子供たちの歓喜と笑顔に包まれた。

「今の子供は個人プレーは得意だけど、チームプレーが苦手なんです。自分の思い通りにならない苛立ち、思いを伝えられないもどかしさ、傷つくことへの恐れ…。どう他人と折り合っていいかがわからない気がします。でも、極限状態で心をぶちまけてみたら、実はみんなも自分と同じ思いだったことがわかった。助け合える“仲間”がずっとそばにいたことにやっと気づいて、安心して心を開いたんじゃないかと思います」(崎野さん)

 翌日の朝食まで火種を消さないよう、その夜はたき火を囲んでごろ寝。チームメートと交代で炎を見守った。

◆キャンプに参加すべきは、親の方かもしれない

 このサバイバルキャンプ以後、子供たちの顔つきが如実に変わっていった。

 崎野さんは親たちへの報告も兼ねて、キャンプの様子を毎日数回Facebookにアップしていた。筆者も毎日チェックし、30日31泊キャンプの集大成となる60kmの徒歩の旅の途中に行われる、カヌーの川下りを取材にも行った。

「カヌーのために、今日まで頑張ってきたんだ!」と、日に焼けて真っ黒な顔たちが笑う。屈託なく、それでいて堂々、やさしい表情になっていたのが印象的だった。

「うちの長男も、キャンプから帰った姿に、『ドラゴンボール』の修行後の悟空みたいだ!とびっくり(笑い)。やたらと落ち着いて別人かと思いました」とは、2013年から2016年にかけて、きょうだい2人をキャンプに送り出した茨城県在住の都竹大輔さん。

「身体的にいうと、0.6まで落ちていた視力が2.0に回復。精神的にも、それまで人の意見に流されてなかなか結論を出せなかった子が、『薬剤師になりたい』と、県内トップの進学校受験を自分で決めて、塾も行かずに合格。つねに成績は学年20位以内をキープしています。私はキャンプ以後、勉強しろと言ったことはないですし、息子から訴えてこない限り、安易に口出しもしません。信頼していますからね」

 また現在、「ハローウッズ」の社員で、今回のキャンプにもサポートスタッフとして同行した“オカリョウ”こと岡崎遼さん(21才)も、小学5~6年生とキャンプに参加した“ガキ森”のOBだ。長女も“ガキ森”の卒業生という、母の芳恵さんが語る。

「私も夫も、いい学校に入って大企業に就職する人生よりも、子供には自分で生きる力を身につけてほしかった。中学受験が当たり前の時代ですが、塾の夏期講習に何十万円も使うなら絶対このキャンプだと、息子の意向に大賛成でした。

 息子が参加した当時は、チームの半分は問題児。殴り合いのけんかや脱走は茶飯事、サバイバルキャンプでは、あまりの空腹から、虫を捕まえて食べた子もいたようです。息子は、ひとりでもみんなとでも、生きていく術を学ばせてもらった。ハローウッズは心の拠。キャンプ時代のチームメートはきょうだいも同然で、今も強い絆で結ばれているようです」(岡崎さん)

 都竹さんも岡崎さんも、1か月子供と離れて初めて、自分が子供に依存していたことや、“親の責任”と言いつつ、実は子供が成長する場所を奪っていたのではないか…と気づいたという。

「30泊31日キャンプで自力で生きる力を体得すべきなのは、もしかしたら、親の方かもしれませんね」(岡崎さん)

※女性セブン2018年9月20日号

関連記事(外部サイト)